au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。


auから折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」が独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。

今回発表されたのは、auからサムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」が独占販売されるというもの。

Galaxy Foldは、サムスンが発表した世界初の折り畳みスマートフォン。表と裏に2種類の液晶画面が搭載されており、内側の液晶画面は折りたたむことが実現されている。端末を広げることで、内側の液晶画面は途切れることがなく、一つの大画面として利用することが可能だ。

内側の液晶画面は、広げると7.3型の液晶画面となり、QXGA+(2,152×1,536ピクセル)での表示が可能で、タブレット端末と同じような大きさで携帯を操作することができる。

一つの画面上に最大3つのアプリケーションを同時に表示させることができ、地図を見ながらSNSを表示させたり、ゲームをしながら他のSNSアプリなどを起動させるようなことも可能となっている。発売開始は10月25日からで、発売価格は245,520円となっている。

サムスンが発表した世界初の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」は、世界中で話題となっている最新端末。今回発売がauが独占販売するとあり、非常に大きなニュースと言えそうだ。価格も非常に高価だが、これまでのスマートフォンから大幅に性能が上がっているだけに、気になる人は多そうだ。

Galaxy Fold(ギャラクシー フォールド)SCV44 | スマートフォン(Android スマホ) | au

https://www.au.com/mobile/product/smartphone/scv44/?bid=co_prts_tau_0931

Galaxy Fold(ギャラクシー フォールド)SCV44 の概要紹介ページ。auのスマートフォン(スマホ)・携帯電話・モバイルの情報です。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


KDDI 就業時間の2割を他部署で行う「社内副業制度」を発表

KDDI 就業時間の2割を他部署で行う「社内副業制度」を発表

KDDIは、正社員約11,000名を対象に、就業時間の約2割を自部署以外での業務に割り当てることができる「社内副業制度」を導入すると発表した。


DeNAベイスターズとKDDI 「スマートスタジアム」構築に向けた提携強化

DeNAベイスターズとKDDI 「スマートスタジアム」構築に向けた提携強化

株式会社横浜DeNAベイスターズとKDDI株式会社は、「スマートスタジアム」の構築に向けた提携を強化すると発表した。


KDDI ポイントサービスを「Pontaポイント」に統合

KDDI ポイントサービスを「Pontaポイント」に統合

KDDIは、ポイントサービスを「au WALLET ポイント」からロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイントサービス「Pontaポイント」へ変更すると発表しました。


KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI株式会社は、2020年4月1日から2020年4月30日までの間、25歳以下のお客さまを対象に、データ定額サービスにおける月間データ容量超過後のデータチャージ50GB分までの利用料金を無償化すると発表しました。


KDDIとソフトバンクが合弁会社設立 地方の5Gネットワーク整備で連携

KDDIとソフトバンクが合弁会社設立 地方の5Gネットワーク整備で連携

KDDI株式会社とソフトバンク株式会社は、地方における第5世代移動通信システム (以下、5G) のネットワークの早期整備を共同で推進することを目的に、合弁会社「株式会社5G JAPAN」を設立すると発表しました。


最新の投稿


シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「AI教育パック」を販売すると発表しました。


続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEなら、楽しめそうだと思う人は多いですよね。相手にとって続けたいと思うLINEには、どのような内容があるのでしょうか。今回は相手にとって「もっとやりとりをしたい」と思わせるLINEの内容を、5つご紹介していきましょう。


LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のグループ通話の参加上限人数を、最大500名へ拡大すると発表した。


お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理には、様々な思いが関係しています。相手に対しての配慮の可能性もありますが、他にも考えられるものがあるでしょう。今回はお土産を断る心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINE株式会社は、同社が提供する名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」において、オンライン名刺サービスの提供を開始すると発表した。