当てはまる人は要注意。働き過ぎになりやすい社畜精神の危険性。

当てはまる人は要注意。働き過ぎになりやすい社畜精神の危険性。

できる限り働きたくないという人がいる一方で、仕事が楽しくて仕方がないという人もいます。仕事に充実感を感じるのは良いことですが、ワークライフバランスという言葉がある通り私生活とのバランス感覚は必要です。仕事が楽しいという人の中にはバランスのウェイトが仕事に傾きすぎて、健康や人間関係が崩壊状態になってしまう、いわゆるワーカホリックになるような人もいます。では一体どのような人が働きすぎな状態に陥りやすいのでしょうか。


残業自慢の裏にある危険な社畜精神

仕事の過度な優先に陥りやすい人達は、特定の価値観を持っている人も少なくありません。その価値観とは仕事や会社に生活を捧げることを喜びとする、悪く言えば社畜精神です。

働くことが生きがいとなっており、休日もパソコンを開いて仕事をしていないと落ち着かないというように、生活圏に占める会社の存在が大きくなりすぎてしまうという特徴があります。

他にもその特徴として、残業や徹夜を頑張りの証として肯定的に捉えてしまうこともあります。例えば睡眠時間の少なさや残業時間を同僚と競い、自慢し合う人たちがいます。

徹夜も残業も過労による慢性的ストレス、うつ病などの病気の危険性を高めるだけであり、何も自慢するようなことではありません。本来ならばいますぐやめるべきです。

ただ社畜精神が強い人は感覚が麻痺してしまい、無自覚のままどんどん仕事への依存状態を増していってしまいます。

社畜精神と仕事依存から抜け出すには?

社畜精神の問題点は、会社という極めて狭いコミュニティの独自の慣習や雰囲気に囚われてしまい、冷静な判断ができなくなってしまうことにあります。

朝から深夜まで働き、休日も休むことなく嬉々として仕事に打ち込むのは、第三者の目には異様に映ることもあります。ただ、会社という狭い世界かつ周囲も似たような人たちが集まっている状態では、普通の働き方という感覚のズレを自覚することができません。

他人からは病的なレベルで仕事をしている人でも、長時間労働が常態化している職場で働く本人にとってはそれが普通なのです。

このような社畜、仕事依存状態から抜け出すには、やはり本人が病的な働き方に陥っていることを自覚し、少しずつ生活サイクルを改善していく他ありません。

そのきっかけになるのは、残念ながら過労がたたり倒れた時かもしれませんし、友人や家族との関係が破綻が気づきのきっかけになるかもしれません。もちろん、できるのならば悲惨な結末を迎える前に踏みとどまりたいところです。

有効な方法としては、会社外のコミュニティにも参加して、常に会社内外の基準両方を持つようにしましょう。所属する職場以外の人間関係や世界があることで、1つだけの世界の価値観や常識に偏らない、健全なバランス感覚を養うことができます。手遅れになる前に第三者から注意喚起やアドバイスをもらえる機会も増えるでしょう。

その結果、病的な社畜精神や仕事依存の状態を自覚することができ、働き方を改めることができるようになります。

働きすぎを自覚し、一旦踏み止まりましょう

仕事熱心と仕事中毒は境界線が曖昧なだけに、自覚がないまま働き続け少しずつ心身にダメージを蓄積させている人は、日本では決して珍しい存在ではありません。

良質な仕事を続けるためには、その土台となる周囲との人間関係に加えて食事や睡眠、適度な運動が欠かすことはできません。

残業自慢や休日出勤が多く、むしろその状態が楽しくなってしまっているという人は、一旦仕事をする手を止めて、自身の働き方を見直してみてください。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連する投稿


平気で嘘をつく人には要注意。こちらの自信を奪ってくる危険な性格とは?

平気で嘘をつく人には要注意。こちらの自信を奪ってくる危険な性格とは?

人は誰と付き合う人によって良くも悪くも影響を受けます。大切なのは親しくする人と同時に、離れるべき人を見極めることです。ではどんな人が危ないのかというと、その一つしてあげるとすれば、一緒にいるとなぜか自分がダメな人間に思えてくるような自己嫌悪感を感じさせる人です。彼らは一見良い人に見えますが、些細な揚げ足取りや遠回しな中傷を繰り返して相手に攻撃していきます。もしこのような人物がいたらすぐに距離を取るようにしましょう。今回は一緒にいるだけでこちらの自信が奪われる厄介な人の特徴を紹介します。


現代では大きな損に繋がります。低いネットリテラシーが及ぼす危険性

現代では大きな損に繋がります。低いネットリテラシーが及ぼす危険性

近年の情報化社会において、適切にインターネットを使いこなす能力は必須と言えるのではないでしょうか。その中で注目されているのが、ネットリテラシーという言葉です。ネットリテラシーとは、ネット上の情報を正しく取捨選択できる能力、判断力という意味です。この能力が低いと誤った情報に流されたり、ネット上でトラブルに巻き込まれるなど、現在社会において様々なデメリットが発生してしまいます。


女性は要注意!下心を隠し持つ男性が飲み会で取る行動とは?

女性は要注意!下心を隠し持つ男性が飲み会で取る行動とは?

社会人になると飲み会に参加することも多いと思います。お酒を通して親睦を深めることができる反面、中には行き過ぎたマナー違反をする人に遭遇してしまうこともあるでしょう。特に女性が嫌がるのが、下心を持って接してくる男性です。お酒の席の雰囲気、あるいはアルコールが入ることで気が緩んで勘違いしてしまったのか、あからさまに下心を出してくる男性も少数ですが出てきてしまうこともあります。


器が小さいと感じてしまう、こんなケチ男には要注意。

器が小さいと感じてしまう、こんなケチ男には要注意。

節約家な男性は恋人としては申し分ありませんが、必要以上にお金を出し惜しみ、女性をうんざりさせてしまうケチ男には注意が必要です。記念日のデートでも割り勘を求めたり、プレゼント代すら惜しむようなせこい男性は、異性として魅力に感じる人はいないでしょう。今回は人間としての器の小ささを感じてしまうケチ男の特徴について紹介します。


労働時間が長い国ってどこ?日本は働き過ぎと言われているけど…

労働時間が長い国ってどこ?日本は働き過ぎと言われているけど…

日本は世界から見ても、労働時間が長く働いてばかりなイメージがありますよね。しかし、イメージにはないけども日本より働いている国は沢山あるのです。 今回は、OECOのデータを基に、世界で一番働いている国や日本の労働状況をご紹介します。


最新の投稿


自分を変える方法で失敗しやすいものについて

自分を変える方法で失敗しやすいものについて

自分を変える方法は、行動や言葉遣いなど、あらゆることが考えられます。しかしいざ試してみたけれど、なかなか成功に至らなかったということもあるでしょう。自分自身を変えるのは、洋服を変えるように簡単にできることではありません。無理に変わろうとすると、本来の自分のよさまで変わってしまうため、自分に合った方法を見極めることが大切。そこで今回は、自分を変える方法で失敗しやすいものについてご説明します。


男性と話すと緊張する…と女性が思った時にとる行動

男性と話すと緊張する…と女性が思った時にとる行動

男性と話すと緊張すると思った時には、今後の行動について少しずつ変えていくことも必要になるのです。緊張すると男性に対して思った時に、女性にとってほしい行動について今回は詳しくお伝えしていきましょう。


会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格

会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格

会って別れ話をする心理には、人柄や性格が関係しているケースもあるでしょう。実際に会わずに別れることも可能かもしれません。でもあえてそうしないのはなぜなのでしょうか。その思いについても気になるところですよね。今回は会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格について、一緒に考えていきましょう。


コーラ好きが唸る「ペプシ」に生が登場

コーラ好きが唸る「ペプシ」に生が登場

サントリー食品インターナショナルは、「PEPSI」ブランドの主力商品として、「ペプシ(生)」「ペプシ(生)ゼロ」を日本全国で発売すると発表した。


リクルートHD 上級管理職・管理職・従業員の女性比率を約50%に

リクルートHD 上級管理職・管理職・従業員の女性比率を約50%に

リクルートホールディングスは、サステナビリティへのコミットメントについて発表を行い、2030年までに同社グループ全体における上級管理職、管理職、従業員それぞれの女性比率を約50%にすると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!