【書評】独立を目指すビジネスマン必見『起業のための儲けの教科書』

【書評】独立を目指すビジネスマン必見『起業のための儲けの教科書』

起業している人が、必ずと言っていいほど直面する問題。それが「安定収入が得られない」ことです。儲けを出すことや会社を成長させることも重要な課題ですが、それらはすべて「安定」の上にしか成り立ちません。そこで今日は、事業を安定させるための方法が学べる一冊をご紹介いたします。


著者・あらすじ

酒井威津善

ファイナンシャル・ノート代表。ビジネスモデルアナリスト。財務コンサルタント。現在、年商50億円規模の中小企業を中心に、財務コンサルティングから、新規事業の企画、設計及びサポートを行う。

あらすじ

ビジネスモデル構築の専門家が、「起業で儲ける方法」についてまとめます。「儲かるしくみとは」「ビジネスモデルの基本」「アイデアのつくり方」など、今から起業する人、すでに起業している人に向けたノウハウを公開します。

1. 「儲かるしくみ」とは?

著者は、起業をする上で必要なものとして「儲かるしくみ」をあげています。儲かるしくみとは、「ビジネスモデル化」することで、「売り上げの安定化」が図れるというものです。

では、どうしたらビジネスモデル化することができるのでしょうか?それは「差別化できている」「循環している」という、安定したビジネスモデルの要素を満たすことです。本書で紹介されている「弁護士ドットコム」では、ニュースを弁護士の視点で解説しています。弁護士側から、一般消費者への発信という、既存にないスタイルが他社と「差別化」を図っています。

このビジネスモデルは、「事件が起こる」→「ニュースが流れる」→「弁護士が解説記事を配信する」→「アクセスが増える」→「弁護士への問い合わせや相談が増える」という「循環」ができています。

事件や事故は必ず起こるものなので、記事にするネタがなくなることはありません。今イメージしている起業アイデアが「ビジネスモデル化」の2つの要素を満たしているか、システムとして機能しているかが、起業で儲けるヒントだったのです。

2. 起業の“目指すところ”とは?

著者は起業の目指すゴールとして、「ラクになること」と述べています。なぜなら、収入がいくら多くても、時間がなかったり、苦労ばかりでは、「会社員でいる方がいい」となってしまうからです。そしてビジネスを通して「社会の役に立つ」ことも目的です。

「ラクになる」ということは、事業がうまく回っている証拠でもあります。社長がラクできるということは、会社が儲かっている証拠です。会社が儲かっているということは、雇用を生み出したり、税金を払ったりと、社会の役に立つことができるのです。

また、「ラクになっている」=自分の体が空いていれば、いざとなった時や突発事項にも対応できます。起業を目指す本当のゴールとは、「ラクになる」ことだったのです。ではどうしたら、「ラクになる」事業をつくることができるのでしょうか?

それが起業する時点で、「将来のプランを考えておく」ことです。今あるアイデアをなんとなく成長させるのではなく、もっと具体的にアップグレードしていく構想を練ることで、「ラクになる」スピードが段違いに変わってくるのです。

3. 儲けるための“集客の心構え”

起業して儲けるためには、「集客」は欠かせません。著者は儲けるための心構えとして「コンセプト」「MCのスタンス」「集客に魔法なし」の3つをあげます。

「コンセプト」とは、その商品やサービスが「お客様に伝わり、すぐにイメージしてもらうことができる」ことです。「競合との差別化」「ビジネスのメッセージ化」「中身との整合性」を明確にしておくことが必要です。

「MC(Master Ceremony)のスタンス」とは、司会進行役(自社)を目立たせないで、そこに現れるゲスト(お客様)を目立たせることです。TV番組などで、司会進行役は目立ってはいけません。そこに訪れたゲストにスポットライト浴びさせることで、番組が盛り上がるのです。

集客も同じことが言えるといいます。「集客に魔法なし」とは、集客において「これをやれば集客できる」といった魔法のような方法は存在しないということです。これら3つの心構えを持ちながら、集客することが儲けるための秘訣なのです。

まとめ

事業を安定させるための方法をご紹介しました。本書では、実際にある会社を例に取りながら儲けの秘訣を解説しています。これを換言すると、「答え」は私たちの日常の中に、すでに存在しているということです。重要なのは、この「答え」に気づくことができるかどうかです。どれだけ自分が「答え」に対して敏感になっているかで、成果は大きく変わってくるのです。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


書評 起業 独立

関連する投稿


【書評】人生に迷っている人必見!『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 

【書評】人生に迷っている人必見!『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 

みなさんは、自分の「やりたい」ことをして生きていますか?ほとんどの方が「NO」と答えるでしょう。そもそもですが、「やりたいこと」を自分自身で理解できているでしょうか?その答えも「NO」かもしません。実をいうと、「やりたいこと」は論理的に説明できなければ、それは「やりたいこと」ではなかったのです。そこで今日は、「やりたいこと」を論理的に導く方法について説かれた本をご紹介します。


【書評】『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

【書評】『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

「早期リタイアして、優雅な人生を送れたらなぁ…」と誰だって一度くらいは、考えたことがあるのではないでしょうか?「そんな夢のようなこと…」と諦めるのはまだ早いです。そこで今日は、早期リタイア実現者から、その術を学びましょう。


【書評】『職員室のモノ、1t捨てたら残業へりました!』

【書評】『職員室のモノ、1t捨てたら残業へりました!』

「残業地獄から抜け出せない」と悩むビジネスパーソンがいます。時間がないことが原因としてあげられますが、実のところ、最も簡単な方法で「時間を生み出す」ことができるのです。そこで今日は、学校の先生が「あること」をして、時間を生み出し、見事残業を減らすことに成功しました。その「あること」とは・・・


【書評】「ラーメン屋」で独立したプロレスラーが10年間積み上げてきたノウハウ『「してはいけない」逆説ビジネス学』

【書評】「ラーメン屋」で独立したプロレスラーが10年間積み上げてきたノウハウ『「してはいけない」逆説ビジネス学』

「独立して自分の好きにやりたい!」と思うビジネスパーソンは多いです。しかし、「独立すればすべて解決」というほど、世の中あまくありません。そこで今日は、プロレスラーが「ラーメン屋」で独立し、10年間積み上げてきたノウハウを公開します。


【書評】体を「強く」するための知識を手に入れる『絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理』

【書評】体を「強く」するための知識を手に入れる『絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理』

「新型コロナウイルス」が世間を騒がして久しいですが、みなさんはどんな対策をしていますか?手洗い・うがい、マスクの着用は当たり前ですが、それ以前にやるべきことがあります。それが「相手を知る」ことです。そこで今日は、体調管理の知識が網羅された一冊をご紹介します。


最新の投稿


サイバーエージェント 中学生・高校生を対象としたオンライン企業訪問プログラムを開始

サイバーエージェント 中学生・高校生を対象としたオンライン企業訪問プログラムを開始

サイバーエージェントは、全国の中学生・高校生を対象としたオンラインによる企業訪問プログラムの受付を開始すると発表しました。


気まずくなりたくない…上司や先輩からの誘いをうまく断る方法

気まずくなりたくない…上司や先輩からの誘いをうまく断る方法

断る理由はないけど先輩や上司からの誘いを断りたい時ありますよね。でも、後で気まずくなるのが嫌で断れないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、先輩や上司からの誘いを断る時のポイントをご紹介します。


デート後のLINEで押さえておきたい5つのこと

デート後のLINEで押さえておきたい5つのこと

デート後のLINEにより、次のデートをしたいと思うかそう思わないかも変わってくるものです。もう一度会いたい思いがあるのなら、デート後のLINEについては押さえておきたい内容があるので知っておきましょう。今回は5つことについてお伝えしていきますね。


田村淳氏発案の遺書動画サービス「ITAKOTO」リリース

田村淳氏発案の遺書動画サービス「ITAKOTO」リリース

株式会社itakotoは、遺書動画サービス「ITAKOTO」の提供を開始すると発表しました。


ロック画面を彼女の写真にする心理について

ロック画面を彼女の写真にする心理について

ロック画面を彼女の写真にする心理については、女性としても気になるところですよね。男性はどのような考えで、そうしているのでしょうか。今回はロック画面を彼女の写真にする心理について、詳しく見ていきましょう。