H&M 中国で服のレンタル事業を開始

H&M 中国で服のレンタル事業を開始

ファストファッションブランドの「H&M」は、中国において同社のハイブランド「COS(コス)」の衣類レンタル事業を開始すると発表しました。


ファストファッションブランドの「H&M」は、中国において同社のハイブランド「COS(コス)」の衣類レンタル事業を開始すると発表しました。具体的には、中国ですでに展開されている衣類レンタルサービス「YCloset」に同社衣類を提供する形で事業を開始するといいます。

Getty logo

「YCloset」は中国最大の衣料品レンタルプラットフォームで、有料の月額サブスクリプション会員は1500万人を超えています。H&Mでは衣類のレンタル市場の成長を見込んでいるなかで、特に中国には巨大な需要があるとみています。

衣類のレンタル事業に関しては、H&Mはすでにストックホルムの旗艦店で3ヶ月間のトライアルを実施中で、一週間あたり約4000円(350スウェーデン・クローナ)にてサービスを展開しています。

Getty logo

早いサイクルで生産・消費されるファストファッションはしばしば環境への悪影響を指摘されてきましたが、ファストファッションを牽引するH&Mがレンタル事業を展開することによって、「顧客の新たな需要を掘り起こし、サステナビリティに貢献できる」としています。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連する投稿


キャンピングカーもレンタル時代!ソーシャルディスタンスを考えたアウトドアの魅力

キャンピングカーもレンタル時代!ソーシャルディスタンスを考えたアウトドアの魅力

キャンピングカーが欲しいけれどコストがかかる、そんな人の間で話題になっているキャンピングカーのレンタルサービス。今の時期は私たちの休暇の過ごし方も、違った視点で考えることが必要になっています。遊園地や映画館、ビーチなど、人混みが避けられない場所でソーシャルディスタンスを意識するのは大変ですよね。でも自宅にずっとこもりきりでは、ストレスが溜まってしまうもの。そんな時に快適なアウトドアができるとして、人気になっているキャンピングカーのレンタルサービスについて、詳しく魅力をご解説していきましょう。


【書評】身近になりつつある「中国」について知る『知ってはいけない「歴史大国」最大のタブー』

【書評】身近になりつつある「中国」について知る『知ってはいけない「歴史大国」最大のタブー』

私たちが普段、何気なく使っている「物」の多くは「中国製」です。そこからわかるのは、わたしたちの生活は「中国」に大きく依存しているということです。「もし、国交が途絶えたら・・・」「中国から輸入品が入ってこなくなったら・・・」みなさんは、どうするでしょうか?そこで今、わたしたちができるのは、「中国について知る」ことです。知っておけば対処できるからです。今日は、そんな中国の「本当の姿」について学びを深めましょう。


中国武漢 2ヶ月半ぶりに封鎖解除

中国武漢 2ヶ月半ぶりに封鎖解除

中国湖北省の武漢市で、1月23日より続いていた都市封鎖が解除された。


政府 新型コロナウイルス対策を強化 中韓からの入国者を2週間隔離

政府 新型コロナウイルス対策を強化 中韓からの入国者を2週間隔離

日本政府は、新型コロナウイルスの感染防止策として、中国と韓国からの入国者全員を2週間隔離する方針を固めた。


ZOZO 中国版「ZOZO」をリリースし中国市場へ再参入

ZOZO 中国版「ZOZO」をリリースし中国市場へ再参入

株式会社ZOZOは、中国版ZOZOTOWN「ZOZO」のサービス提供を開始すると発表しました。


最新の投稿


心の広い男性がモテる5つの理由

心の広い男性がモテる5つの理由

心の広い男性を見ると、素敵だなと思う女性は多いでしょう。モテる可能性がとても高いのです。心の広さを感じて、その男性を好きになる場面もあるでしょう。ではなぜ心の広い男性がモテるのか、その理由について5つのものをお伝えしていきますね。


Twitter 政府・国家関連メディアアカウントへのラベル表示を開始

Twitter 政府・国家関連メディアアカウントへのラベル表示を開始

Twitterは、ユーザーが政府・国家関連のメディアアカウントを識別できるように、該当するアカウントのプロフィールページとツイートに対してラベル表示を追加すると発表しました。


急に連絡が来なくなった心理で思い当たる5つのわけ

急に連絡が来なくなった心理で思い当たる5つのわけ

急に連絡が来なくなった心理には、思い当たることがある場合も。なぜ連絡が来なくなったのか、とても心配になってしまう時もあるでしょう。今回は急に連絡が来なくなった心理で、思い当たる5つの理由について詳しく見ていきましょう。


トランプ大統領 「TikTok」「WeChat」運営会社との取引を禁止する大統領令に署名

トランプ大統領 「TikTok」「WeChat」運営会社との取引を禁止する大統領令に署名

米トランプ大統領が、バイトダンスとテンセントの中国IT大手2社との取り引きを来月下旬から禁じる大統領令に署名したことが明らかになりました。


大手5行 多頻度小口決済の新たな決済インフラを検討へ

大手5行 多頻度小口決済の新たな決済インフラを検討へ

株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社りそな銀行、株式会社埼玉りそな銀行の大手5行は、多頻度小口の資金決済に関する新たな決済インフラ構築の協議を進めていくことを発表しました。