人間関係のイライラの裏に隠れている感情とその解消法とは?

人間関係のイライラの裏に隠れている感情とその解消法とは?

他人の無配慮な言動など、人間関係で不満やストレスを感じてしまう人は多いはず。ただ一方で職場でもプライベートでも、人間関係にさほど振り回されずに上手に世渡りができている人もいます。実はこのように人間関係のイライラに支配されない人になるのに、特別なコミュニケーション能力は必要ありません。イライラを生み出す価値観に気づき、捉え方を少し変えるだけで人間関係に振り回されることも少なくなりますよ。


「〜べき」という枠組みで他人をジャッチする

なぜ他人の立ち振る舞いや言動にイライラしてしまうのでしょうか。実は多くの場合、そのストレスを生み出しているのは相手ではなく自分自身だったりします。

本来の原因となっているのは、「〜するべき」という自分の内側にある規範で相手を評価してしまう考え方にあります。

私たちは大なり小なり、「遅刻はするべきではない」「目上の人は敬うべき」といった社会で一般的とされるルールや基準を持っています。もちろん一般的、常識という言葉というのは実際には根拠が曖昧な部分もあり、自分の価値観と混合していることも珍しくありません。

ともかく、自分自身がこの規範に従って行動する分には問題ありませんが、他人にも同様に当てはめてしまった場合は別です。

「〜べき」という枠組みから相手をジャッチするようになると、そこから外れた行為に対して批判的な感情が生まれます。「自分が守っているのだから相手も守るべき」という反感や、あるいは自分ができないことを平然としていることへの嫉妬もあるかもしれません。

相手も自分の価値観に従って行動しているだけであり、明らかに誰かに危害を生むような行為でない限りは、他人が口を出すことではありません。

人間関係のストレスがない人は、自分の価値観に沿って行動すると同時に、他者に対してもその人の価値観を同様に認めて尊重しています。他人の行動の良し悪しを評価することをせずに、自分と相手との間に明確な境界を設けているのです。

もし相手の言動にイライラすることがあれば、その感情の背景には「〜であるべき」という枠組みを相手に当てはめ評価する考え方が隠れているのです。

他人への期待をやめてみましょう

他人に期待しないのが良いと聞くと冷たい印象があるかもしれません。ただ、もし人間関係に不自由さを感じているのなら、もしかするとその期待感が無用なストレスを生んでいる可能性があります。

相手に対してイライラ、不満といったネガティブな感情が生まれる裏には、「こうしてくれるはず」という期待があります。つまり自分が期待するものとは違う言動を相手が取ったときに、期待が失望感に転じてしまい、裏切られたという被害者意識を作ってしまうのです。

これは期待値と実際の相手の行動の違いが大きくなるほど、その間の落差として失望感も大きくなります。

もちろん他人はあくまで他人であり、当人が自由に行動する権利もあれば、自分が期待する行動を取る義務もありません。ただ、特に家族や友人といった関係が親しい相手に対しては、つい自他の区別が曖昧となってしまい、「きっとこうしてくれるだろう」という期待を抱いてしまいます。

これは勝手に期待して勝手に失望するような、一人相撲の状態とも言えます。そうならないためには自分は自分、他人は他人とはっきりと割り切りましょう。そもそも、期待をしなければその落差としての失望感や裏切りの感覚も生まれることがなく、相手の言動に振り回されることも少なくなりますよ。

自分と他人を区別し、適切な距離感を保ちましょう

他人にイライラしてしまう人は、総じて相手との距離感のバランスが崩れてしまっていることも少なくありません。距離感が近いあまり自他の区別がつかなくなり、一方的に「こうあるべき」という自分の規範や期待の押し付けをしてしまうのです。

そして相手が予想に反した行動を取ることで、失望や不満、被害者意識といったネガティブな感情が生まれてしまうのです。

自分と他人は別人であり、相手の期待に沿う必要もなければ、相手も自分の期待に従う必要もないのです。そう割り切った人間関係を構築した方が、失望や裏切りといった感覚を抱くことなく過ごすことができるようになりますよ。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連する投稿


”嫌い”から”好き”に変わる瞬間やきっかけ

”嫌い”から”好き”に変わる瞬間やきっかけ

嫌いだった人が大好きな恋人や友達になることありますよね。はじめは嫌いだったのに、どうして180度違う好きな気持ちが生まれるのでしょうか。ここでは、嫌いから好きになるきっかけをご紹介します。


【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

悩みだらけで、今にも潰れそうな人がいます。気分転換をするも、悩みは消えません。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、あることを「しない」だけで、悩みは消えてしまうのです。そこで今日は、ブッダの教えから「悩みを消す方法」を探ります。


イライラする心理は必ずしも相手のせいではない?

イライラする心理は必ずしも相手のせいではない?

イライラする心理になるのは、相手のせいなのでは?と思う時もありますよね。でも実際にはそうではないケースもあるのです。イライラする心理になるのは、自分自身の思いが関係している場合もあるでしょう。今回はこの思いについて、詳しくお伝えしていきます。


【書評】人生でトクをする人になる『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』

【書評】人生でトクをする人になる『なぜか話しかけたくなる人、ならない人』

職場の人間関係がうまくいかず、悩んでいる人がいます。自分を取り繕って努力するも、一向に改善されない。一体、何が原因なのでしょうか?それはもしかしたら、あなたが「話しかけたくない人」だからかもしれません。そこで今日は、人生でトクをする「話しかけたくなる人」になるための方法を学びます。


イライラした時に素早くクールダウンする方法

イライラした時に素早くクールダウンする方法

イライラすることも多い社会生活の中ではうまく感情をコントロールすることが大切です。感情のまま行動すると、後で後悔したり人間関係がこじれたりすることがあります。そこで今回は、イライラした時に素早く感情を鎮めるクールダウンの方法をご紹介します。


最新の投稿


自分を変える方法で失敗しやすいものについて

自分を変える方法で失敗しやすいものについて

自分を変える方法は、行動や言葉遣いなど、あらゆることが考えられます。しかしいざ試してみたけれど、なかなか成功に至らなかったということもあるでしょう。自分自身を変えるのは、洋服を変えるように簡単にできることではありません。無理に変わろうとすると、本来の自分のよさまで変わってしまうため、自分に合った方法を見極めることが大切。そこで今回は、自分を変える方法で失敗しやすいものについてご説明します。


男性と話すと緊張する…と女性が思った時にとる行動

男性と話すと緊張する…と女性が思った時にとる行動

男性と話すと緊張すると思った時には、今後の行動について少しずつ変えていくことも必要になるのです。緊張すると男性に対して思った時に、女性にとってほしい行動について今回は詳しくお伝えしていきましょう。


会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格

会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格

会って別れ話をする心理には、人柄や性格が関係しているケースもあるでしょう。実際に会わずに別れることも可能かもしれません。でもあえてそうしないのはなぜなのでしょうか。その思いについても気になるところですよね。今回は会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格について、一緒に考えていきましょう。


コーラ好きが唸る「ペプシ」に生が登場

コーラ好きが唸る「ペプシ」に生が登場

サントリー食品インターナショナルは、「PEPSI」ブランドの主力商品として、「ペプシ(生)」「ペプシ(生)ゼロ」を日本全国で発売すると発表した。


リクルートHD 上級管理職・管理職・従業員の女性比率を約50%に

リクルートHD 上級管理職・管理職・従業員の女性比率を約50%に

リクルートホールディングスは、サステナビリティへのコミットメントについて発表を行い、2030年までに同社グループ全体における上級管理職、管理職、従業員それぞれの女性比率を約50%にすると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!