LINE、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを公開

LINE、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを公開

LINE株式会社は、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを実施。その内容を公開した。


プロゴルファー松山英樹選手の独占ロングインタビュー

LINE株式会社は、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを実施。その内容を公開した。

今回公開されたのは、同社が提供している月間6000万人を超えるニュースサービス「LINE NEWS」にて、同編集部が独自の視点で各界のキーパーソンの今に切り込んだオリジナルインタビュー。その企画の第6弾として、今や世界中で活躍中の日本人プロゴルファー松山英樹選手に独占インタビューを実施。公開されたもの。

2011年、19歳でマスターズに出場し、27位で日本勢史上初の最優秀アマチュアに。13年にはプロへ転向し国内ツアーで4勝、賞金王に。そして16-17年シーズン、世界最高峰の米ツアーで3勝を挙げ、世界ランクは一時、日本勢史上最高の2位まで上がった。

海外メジャー最終戦、全米プロでは最終日の後半10番まで首位を走り、誰もが日本勢初のメジャー制覇を予感した。しかし、そこから逆転を許し、終わってみれば5位。夢はついえた。

人目もはばからず流した涙の「理由」、そして世界と戦う同氏が見据えるものとは。LINE NEWS編集部による独占インタビューの内容とは。

「重圧の中で打つための、何かが足りなかった」──

■「自分がこうだと思う1打が打てなかった」──
「勝てる流れを引き寄せるのも自分だと思う。流れを持ってくる1打、自分がこうだと思う1打が打てなかった。」

■流れを左右した一打は、11番のセカンド──
「普通に打てば、チャンスにつけられるはずだった。それをなぜか難しく考えすぎちゃって、考えが決まらないうちに打ってしまった。それが悔しかった。そうですね、それが一番。」
「きっと自信がなかったんです。なんてことない距離、なんてことないシチュエーションだと思って打てる自信。プレッシャーの中で打つための、何かが足りなかった。振り返ってみると、それが「自信」だと思う。」

■日本のゴルフの魅力を広く伝える──
「米ツアーのプロモーションの仕方を見ていると、日本もネットやSNSをうまく使って、盛り上げていけたらいいのかなと。」
「(日本では)アスリートが普段の姿を出すと、批判をされがちですよね。米国でもSNSの記事に批判が集まることもある。でも、大半は「いいんじゃない」という意見。そこは日本とは違うかも。」

■ネットがプレーにプラスになる部分も──
「ネットの速報ニュースを読むことで、ほぼリアルタイムで他の選手の意見を聞けるじゃないですか。それはすごくいい。」
「僕は本当にずっとネットのニュースを読んでますよ。それしか見てない、というくらいですね(笑い)」

■世界と戦う上で心がけていること──
「自分が思っていることを曲げちゃいけない。でもそれにこだわりすぎて、変化できないのもよくない。変化する勇気も大事。変わらない勇気も大事。そのバランスだと思います。」

松山英樹、人目をはばからずに流した涙の「理由」とは - LINE NEWS

http://news.line.me/issue/premium/7ddfc49a3b8a

苦笑いをしてみせようとして、うまくいかなかった。こらえながら、何とか絞り出す。「悔しいです」自らの言葉でせきを切ったように、涙が頬を伝った。インタビュアーに肩をたたかれ、労をねぎら

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


LINEで健康相談できる「LINEヘルスケア」 無償提供期間を大幅延長

LINEで健康相談できる「LINEヘルスケア」 無償提供期間を大幅延長

LINE株式会社とエムスリー株式会社の共同出資会社LINEヘルスケア株式会社は、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」において、『いますぐ相談』と『あとから回答』の2種類のオンライン健康相談を4月以降も無償提供すると発表しました。


LINE 厚生労働省との協力で8,300万人対象の「新型コロナ対策のための全国調査」を実施へ

LINE 厚生労働省との協力で8,300万人対象の「新型コロナ対策のための全国調査」を実施へ

LINE株式会社は、厚生労働省と協力し、第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を3月31日(火)に実施すると発表しました。


LINE 出前館に300億円を出資して実質子会社化

LINE 出前館に300億円を出資して実質子会社化

LINE株式会社は、日本最大級のデリバリーサービスである『出前館』を運営する株式会社出前館と資本業務提携を締結すると発表しました。


LINE 新会社を設立しマッチングサービスに参入

LINE 新会社を設立しマッチングサービスに参入

LINE株式会社と株式会社IBJのグループ企業である株式会社Diverseは、両社共同出資による新会社「HOP株式会社」を設立し、新たにマッチングサービス事業に参入すると発表した。


LINE AI部門の再編成を発表 採用強化でAI技術人材を200名規模へ

LINE AI部門の再編成を発表 採用強化でAI技術人材を200名規模へ

LINE株式会社は、同社のAI技術の研究・開発およびAI技術を活用した事業発展の促進を目的に、AI技術に関連する社内組織の再編成、採用活動の強化を発表しました。


最新の投稿


Jリーグ・プロ野球 プロスポーツの再開目処が白紙に

Jリーグ・プロ野球 プロスポーツの再開目処が白紙に

Jリーグは、臨時合同実行委員会を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月末から予定していた段階的なリーグ戦の再開スケジュールを白紙に戻すと決定しました。また、日本野球機構(NPB)も臨時の12球団代表会議を開催し、4月24日に設定していた開幕を断念し、開幕日の設定を白紙にするとしています。


元カノの話をする男性の本音に驚く!

元カノの話をする男性の本音に驚く!

元カノの話をする男性に対して、その思いを知りたいと思う時も。表面的には分からない、驚くような本音もあるのです。今回は元カノの話をする男性の本音について、一緒に見ていきましょう。


KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI株式会社は、2020年4月1日から2020年4月30日までの間、25歳以下のお客さまを対象に、データ定額サービスにおける月間データ容量超過後のデータチャージ50GB分までの利用料金を無償化すると発表しました。


愛されてる実感がない心理になるのはこんな理由も!

愛されてる実感がない心理になるのはこんな理由も!

愛されてる実感がない心理になるのは、理由がある場合が多いですよね。実感があると、とても幸せな気持ちになれるもの。でも愛されてる実感がないと思う時、その理由について考えてみることも必要です。今回は愛されてる実感がない心理になる理由について、詳しく見ていきましょう。


ゼンリンデータコムとライナロジクス MaaS時代の輸送事業推進に向けて業務・資本提携

ゼンリンデータコムとライナロジクス MaaS時代の輸送事業推進に向けて業務・資本提携

株式会社ゼンリンデータコムと株式会社ライナロジクスは、両社の持つ資産・リソースを活用し、MaaS時代の輸送サービスプラットフォーム事業の推進に向けて業務・資本提携を実施すると発表しました。