LINE、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを公開

LINE、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを公開

LINE株式会社は、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを実施。その内容を公開した。


プロゴルファー松山英樹選手の独占ロングインタビュー

LINE株式会社は、プロゴルファー松山英樹選手への独占ロングインタビューを実施。その内容を公開した。

今回公開されたのは、同社が提供している月間6000万人を超えるニュースサービス「LINE NEWS」にて、同編集部が独自の視点で各界のキーパーソンの今に切り込んだオリジナルインタビュー。その企画の第6弾として、今や世界中で活躍中の日本人プロゴルファー松山英樹選手に独占インタビューを実施。公開されたもの。

2011年、19歳でマスターズに出場し、27位で日本勢史上初の最優秀アマチュアに。13年にはプロへ転向し国内ツアーで4勝、賞金王に。そして16-17年シーズン、世界最高峰の米ツアーで3勝を挙げ、世界ランクは一時、日本勢史上最高の2位まで上がった。

海外メジャー最終戦、全米プロでは最終日の後半10番まで首位を走り、誰もが日本勢初のメジャー制覇を予感した。しかし、そこから逆転を許し、終わってみれば5位。夢はついえた。

人目もはばからず流した涙の「理由」、そして世界と戦う同氏が見据えるものとは。LINE NEWS編集部による独占インタビューの内容とは。

「重圧の中で打つための、何かが足りなかった」──

■「自分がこうだと思う1打が打てなかった」──
「勝てる流れを引き寄せるのも自分だと思う。流れを持ってくる1打、自分がこうだと思う1打が打てなかった。」

■流れを左右した一打は、11番のセカンド──
「普通に打てば、チャンスにつけられるはずだった。それをなぜか難しく考えすぎちゃって、考えが決まらないうちに打ってしまった。それが悔しかった。そうですね、それが一番。」
「きっと自信がなかったんです。なんてことない距離、なんてことないシチュエーションだと思って打てる自信。プレッシャーの中で打つための、何かが足りなかった。振り返ってみると、それが「自信」だと思う。」

■日本のゴルフの魅力を広く伝える──
「米ツアーのプロモーションの仕方を見ていると、日本もネットやSNSをうまく使って、盛り上げていけたらいいのかなと。」
「(日本では)アスリートが普段の姿を出すと、批判をされがちですよね。米国でもSNSの記事に批判が集まることもある。でも、大半は「いいんじゃない」という意見。そこは日本とは違うかも。」

■ネットがプレーにプラスになる部分も──
「ネットの速報ニュースを読むことで、ほぼリアルタイムで他の選手の意見を聞けるじゃないですか。それはすごくいい。」
「僕は本当にずっとネットのニュースを読んでますよ。それしか見てない、というくらいですね(笑い)」

■世界と戦う上で心がけていること──
「自分が思っていることを曲げちゃいけない。でもそれにこだわりすぎて、変化できないのもよくない。変化する勇気も大事。変わらない勇気も大事。そのバランスだと思います。」

松山英樹、人目をはばからずに流した涙の「理由」とは - LINE NEWS

http://news.line.me/issue/premium/7ddfc49a3b8a

苦笑いをしてみせようとして、うまくいかなかった。こらえながら、何とか絞り出す。「悔しいです」自らの言葉でせきを切ったように、涙が頬を伝った。インタビュアーに肩をたたかれ、労をねぎら

関連する投稿


LINE、新卒採用領域へ参入を発表。秋にも新サービス開始

LINE、新卒採用領域へ参入を発表。秋にも新サービス開始

LINE株式会社は、同社が運用するコミュニケーションアプリ「LINE」を活用し、新たに新卒採用領域へ参入すると発表した。秋にも新サービスとなる「LINE採用コネクト」を開始する。


束縛する女性かどうかはLINEで分かる

束縛する女性かどうかはLINEで分かる

束縛は一つの愛情表現といいますが、度が過ぎると相手の気持ちが離れていってしまいます。できれば束縛が激しい女性と付き合う事は避けたいですよね。そこで今回は、束縛する女性にありがちなLINEをまとめました。女性の方は気付かないうちに束縛女になっていないか確かめてしましょう。


LINEとVisaが提携を発表。デジタル決済カード発行

LINEとVisaが提携を発表。デジタル決済カード発行

LINE Pay株式会社とVisa.incは、戦略的包括パートナーシップ提携を結び、両社における世界規模の加盟店やユーザーベースを活かした新たなフィンテックサービスを開発・提供していくと発表した。


LINE、「300億円祭」の期間延長を発表

LINE、「300億円祭」の期間延長を発表

LINE株式会社とLINE Pay株式会社は、同社らが開催していたスマホ決済サービスのキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」の開催期間を、延長すると発表した。


LINE、未来の出来事を予想して楽しむコミュニティ「4CAST」を正式リリース

LINE、未来の出来事を予想して楽しむコミュニティ「4CAST」を正式リリース

LINE株式会社は、これから起きる未来の出来事を予想して楽しむ新感覚の未来予想コミュニティ「4CAST」を正式リリースすると発表しました。


最新の投稿


ネットサーフィンを趣味にするメリットとデメリット

ネットサーフィンを趣味にするメリットとデメリット

ネットサーフィンを趣味にすると、あらゆる情報収集ができるため、本や新聞を読むよりも効率的だという人がいます。でもネットサーフィンは趣味になるの?と、不思議に思う人も中にはいるでしょう。サーフィンで波に乗るように、インターネットを楽しむのが「ネットサーフィン」。仕事の合間や通勤時間など、少し手が空いた時にすぐにできる趣味です。ネットサーフィンを趣味にすると娯楽だけでなく、自分の人生を変えるほど刺激になる場合も。しかし逆にネットにはまってしまうと、デメリットになるケースもあるかもしれません。そこでネットサーフィンの趣味には、どのようなメリットとデメリットがあるのかご解説しましょう。


LINE、新卒採用領域へ参入を発表。秋にも新サービス開始

LINE、新卒採用領域へ参入を発表。秋にも新サービス開始

LINE株式会社は、同社が運用するコミュニケーションアプリ「LINE」を活用し、新たに新卒採用領域へ参入すると発表した。秋にも新サービスとなる「LINE採用コネクト」を開始する。


おだて上手がモテる!その理由について

おだて上手がモテる!その理由について

おだて上手はモテる傾向があります。過度になってしまうと相手が引いてしまうこともありますが、一般的には好かれやすいでしょう。今回はおだて上手がモテる理由について、お伝えしていきますね。


エンゼルス大谷、日本人メジャーリーガー初のサイクル安打達成

エンゼルス大谷、日本人メジャーリーガー初のサイクル安打達成

エンゼルス大谷翔平選手が、敵地レイズ戦において日本人メジャーリーガー初のサイクル安打を達成しました。


チケット不正転売禁止法、6月14日より施行

チケット不正転売禁止法、6月14日より施行

チケットの高額転売を禁止する「チケット不正転売禁止法」が本日6月14日から施行となりました。