【書評】新しい時代を生き抜く「力」を手に入れる『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』

【書評】新しい時代を生き抜く「力」を手に入れる『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』

「物が売れない時代」と言われています。しかし、こんな時代でも売り上げを伸ばしている企業は確実に存在します。彼らは一体、どのようにして物を売ることに成功したのでしょうか?そのヒントとなるのが「美」でした。今日は、これからの時代に必要になってくるであろう「美」についてまとめた一冊をご紹介いたします。


著者・あらすじ

山口周

1970年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材・リーダーシップ育成。

あらすじ

人気著述家が、これからの経営に必要な「美意識」について解説します。「世界のエリートが美意識を鍛える理由」「そもそも美意識とは?」「美意識にこだわって成功した企業」など、経営者のみならず、ビジネスパーソン必見の書となっています。

1. 美意識を鍛える理由

今、世界中のエリートたちがこぞって、あることに力を入れています。それが「美意識を鍛える」ことです。美意識とは、文字通り「アート」や「デザイン」のことで、世界的に有名なグローバル企業やニューヨーク、ロンドンの知的専門職がアートスクールに通っているのです。なぜ彼らはそこまで「美意識」にこだわっているのでしょうか?著者はその理由の一つとして「論理的・理性的情報処理スキルの限界が露呈しつつある」をあげます。

なぜ「論理的・理性的情報処理スキル」が限界なのか?要因は2つあります。一つが「正解のコモディティ化」です。論理的なスキルが常識となってくると、必然的に「他人と同じ正解を出す」ことになります。すると、「差別化が消失」し、コモディティ化してしまうのです。もう一つの要因が「方法論としての限界」です。

現代は不安定で複雑な時代です。何が起こるか予測がつかない状況において、方法論が通用しないのです。これにより、意思決定の決断が遅れたり、分析するのが難しくなったりします。このような時代において、論理的・理性的であるほど、それが顕著となるのです。以上を踏まえながら、これからのビジネスシーンにおいて、「美意識」が必要不可欠なものとなっていくのです。

2. 「認識モード」を変える

これからのビジネスシーンでは「美意識」を鍛えることが重要だとわかりました。では、そもそも「美意識」とは一体何を指すのでしょうか?本書における美意識の定義が「経営における『真・善・美』を判断するための認識モード」とあります。これは、ビジネスのあらゆるシーンにおいて判断すべき題材として「真・善・美」が有効だということです。

この「真・善・美」とは、ドイツの哲学者、イマヌエル・カントが提唱した概念で、認識モードを「理性」だけに依存するのではなく、「快・不快」といった「感性」の活用をすべきというものです。例えば、一般的に「会社」は合理的に利益を生み出すことが目的、またそのような存在という概念があります。このように「理性的」な認識ではなく、会社を一つの「作品」として考えることが「真・善・美」の認識モードです。

もし自分が関わるプロジェクトがあったらそれを、「アーティストとしての自分の作品」と考えてみることです。そのように考えると、自分の生み出した作品がいつまでも社会に遺っていくことになり、混沌とした時代でも、人々に受け入れられるのです。このことから、「真・善・美」の認識モードを持つことが、これからの時代を生き抜く考え方だったのです。

3. マツダ成功の秘訣は「美意識」にあった

皆さんご存じの自動車メーカー「マツダ」。マツダは世界的な自動車の表彰であるWorld Car AwardsのWorld Car Design of The Yearで2年連続世界トップ3に選出されました。さらに世界三大デザイン賞の一つである、レッド・ドット・デザイン賞で、3車種受賞しました。もちろん、売上高と営業利益は2012年以降、大幅に増加しています。

このような快挙が成し遂げられた理由、それが「美意識」にあります。マツダは自由な発想を広げるとともに、日本の伝統的な美意識を重要視したデザインを目指します。「顧客に好まれるデザイン」ではなく、「顧客を魅了するデザイン」を意識し、デザイン思考のアプローチの真逆を狙いました。マツダデザイン面での躍進を支えた前田育男氏によれば、「説明が必要なデザインでは人を感動させられない」といいます。

これは、一目で「イイ!」と思わせなければならないということです。つまり、そこに必要なのはアートな力、美意識であり、いかに相手にピンとこさせるような「見た目の良さ」が必要なのです。これらを踏まえると、「美」のセンスはもちろんのこと、「美」の方向性を伝えるリーダーの役目もまた、重要な仕事の一つなのです。

まとめ

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』をご紹介しました。これまでのビジネスシーンでは「ロジカルシンキング」や「フレームワーク」など、いわば論理的な手法で答えを導き出したり、問題解決を行ったりしてきました。しかし、予測不可能なことが起こる時代において、この論理はすぐに破綻してしまうでしょう。私たちの本能である「美」に訴求できる力が今、必要なのです。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


書評 美意識

関連する投稿


【書評】人間心理の根本を知る『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』

【書評】人間心理の根本を知る『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』

「相手のことを理解できない」と悩む人は多い。ネットで答えを探すも、解決には至らない。何かいい方法はないのでしょうか?実のところ、人間の根本心理を知ることで、それは解決します。今日は米国ベストセラーから「心の動き方」について解説します。


【書評】お金に困らない知識を手に入れる『お金の大学』

【書評】お金に困らない知識を手に入れる『お金の大学』

「仕事の悩み」「人間関係の悩み」「お金の悩み」など、人には様々な悩みがあります。とりわけ「お金の悩み」は解決が難しく、「何をしていいかわからない」という人がほとんどではないでしょうか?そこで今日は、お金の悩みを解決するための、基本知識と力を身につけましょう。


【書評】ネット時代を生き抜く「技」を習得する『お客をつかむ ウェブ心理学』

【書評】ネット時代を生き抜く「技」を習得する『お客をつかむ ウェブ心理学』

猫も杓子も「インターネット」の時代です。何をするにも、「インターネットで調べてから」というのが常識となりつつあります。「売る側」もウェブマーケティングを押さえておかなければ、生き抜くことができないでしょう。どうしたら、競合他社と差をつけることができるのでしょうか?そこで今日は、「ウェブで効果を発揮する心理」についてまとめた本をご紹介します。


【書評】新しい時代に対応する力を手に入れる『時給思考 1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル』

【書評】新しい時代に対応する力を手に入れる『時給思考 1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル』

変化の目まぐるしい現代。人々の価値観が大きく変わろうとしています。一体、何を身につければ、この時代を生き抜くことができるのでしょうか?そのヒントとなるのが、今日ご紹介する「時給思考」です。時給思考を身につければ、どんな時代がやってきても対応することができるでしょう。


【書評】トップユーチューバーから「時間術」を学ぶ『秒で決めろ!秒で動け!ラファエル式秒速タイムマネージメント』

【書評】トップユーチューバーから「時間術」を学ぶ『秒で決めろ!秒で動け!ラファエル式秒速タイムマネージメント』

質問です。ビジネスパーソンの最大の役割と言ったら、何でしょうか?「真面目に働くこと」「ノルマを達成すること」「上司へのゴマすり」。正解は「成果を出すこと」です。では、どうしたら成果が出せるのでしょうか?成果を出す上で、キモとなるのが「時間」です。そこで今日は、大人気ユーチューバーから、タイムマネジメントについて学びましょう。


最新の投稿


尽くされたいと男性が思うその本音とは?

尽くされたいと男性が思うその本音とは?

尽くされたいと男性が感じるのは、どのような心境の時が多いのでしょうか。自分から女性に対して愛情表現をし、積極的に親しくなろうとする人もいるもの。しかし尽くされたい男性も中には存在し、どちらかというと恋愛では受け身のポジションで、女性のほうから気持ちを伝えてほしい人もいるのです。今回はそんな尽くされたいと思う男性の気持ちと、上手くお付き合いしていくコツについて見ていきましょう。


Mellow フードトラックを活用した飲食店のテイクアウト支援サービスを開始

Mellow フードトラックを活用した飲食店のテイクアウト支援サービスを開始

株式会社Mellowは、コロナ禍での売上向上を模索する飲食店の支援として、フードトラックによる飲食店のテイクアウト支援パッケージの提供を開始すると発表しました。


かまいたくなる心理で分かる感情について

かまいたくなる心理で分かる感情について

かまいたくなる心理になる時には、相手に対してどのような感情を持っているものでしょうか。自分でも気が付かない思いが関係していることも。今回はかまいたくなる心理で分かる感情について、一緒に見ていきましょう。


PayPayフリマ 買取側が希望額を決定する新機能をリリース

PayPayフリマ 買取側が希望額を決定する新機能をリリース

ヤフー株式会社が運営するPayPayフリマは、出品者が価格を設定せずに商品を出品することができる「価格おまかせ出品」機能をリリースすると発表した。


ファミリーマート 伊藤忠による全株式取得を承認 上場廃止し経営一体化

ファミリーマート 伊藤忠による全株式取得を承認 上場廃止し経営一体化

ファミリーマートは、臨時株主総会を開催し、親会社である伊藤忠商事による全株式取得を承認したことを発表した。これによりファミリーマートは上場廃止し、経営を一体化する。