【書評】キャリア形成の原則を知る『苦しかったときの話をしようか』

【書評】キャリア形成の原則を知る『苦しかったときの話をしようか』

「どんな仕事に就けばいいかわからない」と悩む学生は多いです。アドバイスを受けるも、今一つピンとこない。こんなとき仕事を選ぶ際の「指南の書」があったら、迷うことなく進めるのではないでしょうか?そこで今日は、キャリア形成のための一冊をご紹介します。


著者・あらすじ

森岡毅

1972年生まれ、神戸大学経営学部卒。 1996年、P&G入社。日本ウィダルサスーン、北米パンテーンのブランドマネジャー、ウェラジャパン副代表等を経て、2010年にユー・エス・ジェイ入社。革新的なアイデアを次々投入し、窮地にあったUSJをV字回復させる。2012年より同社チーフ・マーケティング・オフィサー、執行役員、マーケティング本部長。2017年にUSJを退社し、マーケティング精鋭集団「刀」を設立。

あらすじ

戦略家、マーケターが、キャリア形成のための指南書を公開します。「やりたいことを見つけるには?」「年収のいい仕事とは?」「迷ってしまったら」など、人生で迷わないための知識が網羅されています。

1. やりたいことがわからない人へ

よく「やりたいことを仕事にせよ」といいますが、そもそも「やりたいことがわからない」という人がいます。どうしたらやりたいことが見つかるのでしょうか?著者はその答えを次のように述べます。「やりたいことがみつからないのは自分の中に『軸』がないからだ。」軸とは、「自分が重視するもの」のことです。

例えば仕事を選ぶ時、「給料の高いところがいい」「地元がいい」「スキルを向上させたい」または「パソコンが好きだからコンピューター関連会社がいい」「将来大きく伸びる会社がいい」など、人によって様々です。何かを始めるときに、自分の中の「軸」が確立していれば、やりたいことが見つかるし、反対にやってはいけないことも見つかります。

では、自分なりの軸が見つからない状況で、選択しなければならないシーンがあったらどうすればいいのか?著者は「どれを選んでも正解」と述べます。なぜなら、それら選択をしていくうちに自分にとって何か重要で、何が重要でないかがが見つかっていくからです。このことから、やりたいことが見つからない問題は、環境といった外部要因ではなく、「自分自身を知らない」ことにあったのです。

2. 給料はすでに決まっている

キャリアを判断する上で、「お金」は見逃せません。実のところ、自分の選んだ職種で稼げる年収は、すでに決まっていたのです。著者は「職能の価値」「業界の構造」「成功度合いによる違い」の3つの要因をあげます。

「職能の価値」

物の値段は、その人の持っている職能に対する需要と供給で決まります。需要が高い職能を持つ人の給料は高く、需要が低い職能であれば安くになります。つまり、スキルの需要が高く、供給がレアだと年収は高くなるのです。

「業界の構造」

同じ職能でも産業や業界の「構造」によって、年収は決まります。そもそも、給料はその会社が自由に決められるのではなく、その業界特有の構造的な限界があるのです。つまり儲かっている業界の方が年収は高くなります。

「成功度合いによる違い」

同じ職能、業界でも成功の度合いによって年収は決まります。例えば年収200万円のサラリーマンと、年収1000万円のサラリーマンは、まさに成功度合いで決まっています。自分が重要で、代替え不可能な能力を持っているかで年収が決まります。

このように、年収は自分が選んだ時点で、すでに決まっていて、どの業界で働くかで大きな差が出てしまうのが事実だったのです。

3. 行動を変えるには?

自分のキャリアを構成する上で、努力しなければならないシーンがあります。しかし、自分を変えたいのに、なぜか変えることができない。こんな時、どうすればいいのでしょうか? 著者は行動を変えたいときのコツを次のように述べます。「最初からすぐに変われないことを覚悟して、時間がかかることを練り込んで、変わる努力を継続することだ。」結論から言うと、人は変わりたいと思っても、すぐには変われない生き物なのです。

なぜなら人は、変わろうとしたときの意識変化と、実際の行動変化までのタイムラグに耐えられません。 よくあるのが、「三日坊主」です。何かを達成するためにやり始めたものの、なぜか続かない。これは、意識変化と行動変化のギャップに耐えられずに、挫折してしまった状態です。

なぜこのようなことが起こるのかというと、今までの行動パターンを脳細胞と神経回路が覚え込んでいて、いくら意識が変えようとしていても、無意識は今までの行動パターンと違うため、抵抗してしまうのです。 これを理解した上で、無意識を変えるには、「時間がかかる」ことを想定して、ひたすら努力しなければなりません。 まずは小さなことから始め、徐々に体に慣らしていくことで、自分を変えていくことができるのです。

まとめ

『苦しかったときの話をしようか』を紹介しました。本書は就活を控えた学生のみならず、すでに社会で活躍している人たちにも、身になることが書かれています。仕事の本質から、社会の構造など、人生全般に役に立つ知恵を獲得することによって、この混沌とした時代を生き抜くことができるでしょう。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


書評 森岡 キャリア形成

関連する投稿


【書評】忘れかけていた大切なことを思い出す『人生で大事なことはみんなゴリラから教わった』

【書評】忘れかけていた大切なことを思い出す『人生で大事なことはみんなゴリラから教わった』

生活は便利で豊かになっているはずなのに、なぜか心は豊かになりません。一体、何が原因なのでしょうか?実を言いますと、「便利」さゆえに、わたしたちはある大事なことを忘れかけていたからです。そこで今日は、「ゴリラ」から、わたしたちが忘れかけている大事なことを学びましょう。


【書評】資金調達の方法を知る『寄付金・クラウドファンディングの集め方』

【書評】資金調達の方法を知る『寄付金・クラウドファンディングの集め方』

一般的にお金は「稼ぐもの」という認識があります。間違いではないものの、お金を調達するには、「寄付金」という手もあります。手段は違いますが、「お金を集める」という点では、違いはありません。そこで今日は、「お金を集める」方法についてまとめた一冊をご紹介します。


【書評】誤情報から身を守れ!『健康・医療情報の見極め方・向き合い方』

【書評】誤情報から身を守れ!『健康・医療情報の見極め方・向き合い方』

「○○が体にいい」「○○してはいけない」巷には、様々な健康情報が溢れています。そんな情報が溢れる時代に、わたしたちは一体、何を信じればいいのでしょうか?そこで今日は、この悩みにズバリ答えた一冊をご紹介しましょう。


【書評】「そもそも」を考える力を身に着けよう『問題発見力を鍛える』

【書評】「そもそも」を考える力を身に着けよう『問題発見力を鍛える』

みなさんは問題が発生した時、何をしますか?当然、問題を解決しようと躍起になるでしょう。しかしその問題、そもそも解決すべき問題なのでしょうか?もし間違っていたら、すべてが水の泡になることは言うまでもありません。そこで今日は、本質的な問題を発見するための本をご紹介しましょう。


【書評】激動の時代に備える知識を体得『サラリーマンは今すぐ5000万円借りなさい!』

【書評】激動の時代に備える知識を体得『サラリーマンは今すぐ5000万円借りなさい!』

将来の不安を感じている人は多い。しかし、手を打とうにも、何をすればいいのかわかりません。考えつくことはやはり、「資産を築くこと」です。そこで今日は、サラリーマンのための、資産の築き方についてまとめた一冊をご紹介いたします。


最新の投稿


三井不動産 東京ドームへのTOBを正式に発表

三井不動産 東京ドームへのTOBを正式に発表

三井不動産株式会社は、株式会社東京ドームに株式公開買付を実施し、完全子会社化すると発表しました。


一緒にいて飽きない男性が持っている魅力とは

一緒にいて飽きない男性が持っている魅力とは

一緒にいて飽きない男性は、女性から見てどのような魅力があるのでしょうか。飽きない男性に対して女性は、一緒にいて楽しかったりプラスになったりすると感じるもの。このためモテるケースはとても多いでしょう。今回は一緒にいて飽きない男性の魅力について、5つお伝えしていきます。


デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理に対して、嫌われてしまったのかもしれない…と悩んでしまうケースもあるかもしれません。でも実際には様々な思いが、関係している可能性があるのです。その思いについて理解をしたうえで、今後のやりとりの仕方を考えていきたいですね。今回はデートの後に音信不通になる心理について、詳しく見ていきましょう。


丸井グループ D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal」を開設

丸井グループ D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal」を開設

株式会社丸井グループの子会社であるD2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)株式会社は、D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal(ファイブピーエム・ジャーナル)」をリリースすると発表しました。


女性が好き避けする理由と嫌い避けとの違い

女性が好き避けする理由と嫌い避けとの違い

「好きな人に冷たい態度を取ってしまう…」このように、好きな気持ちを表に出せず、好きな人を避ける”好き避け”をする女性は多くいます。男性は嫌われたかと心配になることがあるでしょう。ここでは、女性が好き避けをする理由と好き避けと嫌い避けの違いをご紹介します。