インターブランド 世界ブランドランキングを発表

インターブランド 世界ブランドランキングを発表

世界最大のブランディング会社インターブランドは、今年で21回目となるグローバルのブランド価値ランキング「Best Global Brands 2020」を発表した。


世界ブランドランキング発表。1位は8年連続でApple

世界最大のブランディング会社インターブランドは、今年で21回目となるグローバルのブランド価値ランキング「Best Global Brands 2020」を発表した。

今回発表されたのは、世界最大のブランディング会社である同社が毎年行っている、世界ブランド価値ランキング「Best Global Brands 2020」の内容について。今年で21回目を迎えるもの。

これによると、今年の世界ブランドランキングで1位となったのは、8年連続で米IT企業大手の「Apple」。ブランド価値は3,230億ドル(日本円で約34兆円)で、前年比では+38%の成長となっている。

2位に入ったのは、米IT企業大手のAmazonで、ブランド価値は前年比+60%増となる2,007億ドル(日本円で約21兆1,700億円)。3位には米IT大手のマイクロソフトが入り、ブランド価値は前年比+53%増となる1,660億ドル(日本円で約17兆5,000億円)となった。

大きな動きとしては、2013年より第2位であったGoogleが今年は順位を落とし、前年比1%ダウンとなるブランド価値1,654億ドル(日本円で約17兆4,400億円)で第4位。また、Samsungが前年比+2%となるブランド価値623億ドル(日本円で約6兆5,700億円)で5位となり、初めてTOP5にランクインした。

この他の注目すべき動きでは、ソーシャルメディアとコミュニケーションのブランドが躍進し、Instagramがブランド価値261億ドル(日本円で約2兆7,535億円)で19位、YouTubeがブランド価値173億ドル(日本円で約1兆8.250億円)で30位に入ったほか、Zoomがブランド価値45億ドル(日本円で約4,750億円)で100位に入り、初めて世界ブランドランキングTOP100に入った。

発表によれば、最も成長率の高いブランド5は、Amazon(前年比+60%)、Microsoft(同+53%)、Spotify(同+52%)、Netflix(同+41%)、Adobe(同+41%)で、コロナ禍の影響によりオンラインサービスブランドが発展を遂げ、2桁成長をしたブランドの6割がサブスクリプションのビジネスモデルを採用しているとのこと。

また、PayPal(60位、前年比+38%)、Mastercard(57位、同+17%)、Visa(45位、同+15%)も、それぞれブランド価値を高めており、感染拡大の影響から主要な支払方法として電子決済への急速な移行が進んだことや、ロックダウンの中で地元のビジネスをサポートするプログラムを迅速に展開したこと等により、不確実な時代に家計や資本へのアクセスを提供する信頼できるブランドとして飛躍を遂げているとのこと。

日本のブランドでは、トヨタが7位で日本ブランドとしては最上位。次点はホンダが20位、ソニーが51位、日産が59位、任天堂が76位、Panasonicが85位でランクインした。

Interbrand Japan トップ

https://www.interbrandjapan.com/ja/index.html

セミナー Seminar 実績 B.LEAGUE ブランドでリアルとデジタルをつないだ 新たなビジネスモデルを構築 実績 茅乃舎 120年の歴史を持つ福岡の老舗企業が、 事業拡大を契機に着手したブラン

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連する投稿


Apple 小規模事業者を対象にApp Storeの手数料率を15%に削減

Apple 小規模事業者を対象にApp Storeの手数料率を15%に削減

Appleは、新しい開発者向けプログラム「App Store Small Business Program」を発表し、有料アプリケーションおよびApp内課金に対する手数料率を、前年の収益が100万ドル以内だった場合に15%へ引き下げると発表しました。


Apple 独自チップ「M1」搭載の次世代Macを発表

Apple 独自チップ「M1」搭載の次世代Macを発表

Appleは、同社がMacのために独自に設計した初めてのチップ「M1」を披露し、M1を搭載した次世代Macを発表しました。


Apple 今秋3回目のイベントを11月10日に開催すると発表

Apple 今秋3回目のイベントを11月10日に開催すると発表

Appleは、9月・10月に続いて、今秋3回目となるイベントを米国時間で11月10日(日本時間で11月11日午前3時)に開催すると発表しました。


Appleが第4四半期の最高売上高を更新 iPhone発売の時期ずれも他部門でカバー

Appleが第4四半期の最高売上高を更新 iPhone発売の時期ずれも他部門でカバー

Appleは、2020年度第4四半期(7〜9月)の業績発表を行い、同四半期の売上高として過去最高を更新したことを明らかにしました。


Amazon 在庫不要でグッズ販売ができるオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」を日本で提供開始

Amazon 在庫不要でグッズ販売ができるオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」を日本で提供開始

Amazonは、世界で展開しているオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」(マーチ バイ アマゾン)について、日本での提供を開始すると発表しました。


最新の投稿


三井不動産 東京ドームへのTOBを正式に発表

三井不動産 東京ドームへのTOBを正式に発表

三井不動産株式会社は、株式会社東京ドームに株式公開買付を実施し、完全子会社化すると発表しました。


一緒にいて飽きない男性が持っている魅力とは

一緒にいて飽きない男性が持っている魅力とは

一緒にいて飽きない男性は、女性から見てどのような魅力があるのでしょうか。飽きない男性に対して女性は、一緒にいて楽しかったりプラスになったりすると感じるもの。このためモテるケースはとても多いでしょう。今回は一緒にいて飽きない男性の魅力について、5つお伝えしていきます。


デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理に対して、嫌われてしまったのかもしれない…と悩んでしまうケースもあるかもしれません。でも実際には様々な思いが、関係している可能性があるのです。その思いについて理解をしたうえで、今後のやりとりの仕方を考えていきたいですね。今回はデートの後に音信不通になる心理について、詳しく見ていきましょう。


丸井グループ D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal」を開設

丸井グループ D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal」を開設

株式会社丸井グループの子会社であるD2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)株式会社は、D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal(ファイブピーエム・ジャーナル)」をリリースすると発表しました。


女性が好き避けする理由と嫌い避けとの違い

女性が好き避けする理由と嫌い避けとの違い

「好きな人に冷たい態度を取ってしまう…」このように、好きな気持ちを表に出せず、好きな人を避ける”好き避け”をする女性は多くいます。男性は嫌われたかと心配になることがあるでしょう。ここでは、女性が好き避けをする理由と好き避けと嫌い避けの違いをご紹介します。