結婚を決意するタイミングでよくあるのはこの5つ!

結婚を決意するタイミングでよくあるのはこの5つ!

結婚を決意するタイミングだと男性が感じるのは、どんな時が多いのでしょうか。人により様々なタイミングがあるかもしれません。その中でもよくあるものについて、知っておきたいと思う人もいるはず。今回は男性が結婚を決意するタイミングについて、5つのものをお伝えしていきましょう。


自然体でいられると感じた

一緒にいて無理に飾ることなく、自然体でいられると感じた時に結婚を決意する男性もいます。いつも通りにデートをしていた時に、ふと気持ちが楽な自分でいられていると思うケースもあるでしょう。

このタイミングを大切にしようと考えて「○○さんとなら自然体でいられるよ」と言う男性もいるのです。この時に女性から「私も同じです」と笑顔で言われると、お互いに結婚を意識するようになるでしょう。

そして男性は、近いうちに結婚の話をしようと決めるのです。もしくはこのやりとりをした段階で、勢いのまま「将来について考えている」と伝える男性もいるでしょう。結婚を決意して相手の女性に伝える時には、ある程度勢いも必要になるのです。

辛い時に支えてくれた

とても辛い時期があり、乗り越えられるか不安になることもありますよね。でも彼女から「ずっとそばにいるから」「いつでも味方でいるよ」などの言葉をもらうこともあるでしょう。そして会えない時期があったとしても、きちんと待ってくれているような優しさを感じるケースもあるのです。

仕事が忙しくて、どうしても会う時間が作れないこともあるでしょう。こういう時に「私は大丈夫。あまり無理しすぎに仕事を頑張って」とLINEをくれる彼女も、とても頼れる存在ですよね。

自分は一人ではないのだと思えて、彼女に対して感謝の気持ちで一杯になるのです。会えないからといって、文句や嫌味を言わずに見守っていてくれる女性は、男性から見てとても魅力的な存在です。この時期を越えた時に、結婚を決意するケースもあるでしょう。特にこのタイミングにしようと思ったわけではなく、自然に心の中で浮かぶ気持ちもあるのです。

これ以上合う女性は現れないと思った

一緒に過ごしてきた時間の中で「自分にとって、これ以上合う女性は現れない」と心から思える時もあるでしょう。これが結婚を決意するタイミングになり、女性に対して自分の思いを伝える男性もいるのです。女性から見ても同じ気持ちの場合もあります。

そしてストレートに言ってくれた男性の気持ちに対して、できれば応えるようにしたい女性心理も。男性としてはここで伝えて、女性の反応が悪いと傷ついてしまうかもしれません。でも女性の反応がよければ、勇気を出してよかったと思うものです。

周りがどんどん結婚していった

今までは友達と遊ぶ時間も大切で、独身男性ばかりが周りにいたのに、気付けば独身は自分だけになっていたという例も。この時に彼女がいるとしたら「自分もそろそろ結婚をする時期かな」と思うでしょう。周りが結婚をせずに独身ばかりなら、そうは思わなかったはずです。

自分だけが周りより遅れているように感じると、焦る気持ちもあるでしょう。できるだけ早い段階で結婚をしようと、相手の女性へのプロポーズの方法を考えるかもしれません。周りから結婚についての幸せなエピソードを聞く機会が多いと、自分も結婚をして早く幸せになりたいと感じるものです。

そして自分にとって大切だと感じる彼女を、幸せにできる男性になりたいと思うようになるでしょう。長く付き合っていると、つい結婚を考えるのが面倒になるケースもあります。でも周りの環境により、結婚を決意するタイミングが訪れる可能性もあるでしょう。

一緒にいて飽きない相手だと思った

二人で過ごしている時間が楽しいものだとしても、時間が経つと退屈になるかもしれません。でも「この女性といると飽きない」と思う女性に対しては、これからも一緒にいたいと思うものでしょう。

表情豊かで、自分の意見をしっかり言ってくれる、そして時には叱ってくれるような場面もあると、男性としては一緒にいても飽きないと感じるのです。

結婚をしたとしても、きっと日々が充実したものになるという確信があるのでしょう。確信が持てた時に、相手に対して結婚をしたいと伝える場合もあるのです。

一緒にいて楽しいだけではなく、自分にとってプラスになると感じる女性に対しても、結婚を決意したくなるかもしれません。そして与えてもらうばかりでは申し訳ないと思い、自分も相手の女性に与えられる人間になろうと思うと、それが成長につながるケースもあるでしょう。

まとめ

結婚を決意するタイミングについては、突然訪れることもありますが「何となくそろそろかな」と思っていたというケースもあるでしょう。自分の中では既に覚悟や準備が出来ていたけれど、それに対して目をそらしていたケースもあります。

でもここでしっかり向き合うことが必要だと感じて、結婚を決意することができたのなら、それはとても素敵ですよね。女性との将来についてイメージができて、結婚生活についても魅力を感じたのなら、結婚する時期に来ているのかもしれません。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


結婚を決意 タイミング

関連する投稿


同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングとしては、どの時期がベストなのでしょうか。いくつかのタイミングがある中で、できれば理想的なものを選ぶようにしたいですよね。相手とよく話し合ったうえで、二人にとっての新しい生活をスタートさせるのがベストでしょう。今回は同棲のタイミングで、理想的なものを5つお伝えしていきますね。


趣味を始めるタイミングはいつがいいの?見極めるコツや判断基準

趣味を始めるタイミングはいつがいいの?見極めるコツや判断基準

趣味を始めるタイミングがわからず、ただ時間が過ぎていることはありませんか。「時間がない」というのは、さまざまなことができない理由になりやすいことですが、趣味も同じく時間がないとできないことのひとつですよね。仕事や家事、友人付き合いも、なんとかしてやりこなしている毎日。実は時間がなくてもできる趣味もあるのです。そこで今回は、新しく何かを始めたいと思っている人に向けて、趣味を始めるタイミングをご説明しましょう。


洋服を処分するタイミング~捨て時を知る方法~

洋服を処分するタイミング~捨て時を知る方法~

洋服を処分するタイミングについては、判断に困ることが多くありませんか。どれもいつか着そうな雰囲気で、今捨てたなら後悔してしまいそうな場面。そのまま洋服を残しておくと、いつの間にかクローゼット内は不要な洋服でいっぱいになります。よく考えると、洋服は知らない間にローテーションされているもの。着ない洋服と着る洋服は、実はしっかりと分かれています。しかし処分する気持ちが固まらなければ、いつまでたってもタンスの肥やしに。いっぽう最近の世の中では、断捨離が流行っていますよね。そのように快適な生活を送るため、洋服も適度な数に抑えている人が増えています。それでは判断しにくい、洋服を処分するタイミングを見極めるコツについてご紹介します。


告白のタイミングでOKしてもらいやすいもの

告白のタイミングでOKしてもらいやすいもの

告白はタイミングがかなり重要です。タイミングを間違えてしまうと、成功するはずの告白が失敗してしまうケースも…。では告白のタイミングでOKしてもらいやすいのは、どのような時でしょうか。最適なタイミングについてお伝えしていきましょう。


最新の投稿


自分を変える方法で失敗しやすいものについて

自分を変える方法で失敗しやすいものについて

自分を変える方法は、行動や言葉遣いなど、あらゆることが考えられます。しかしいざ試してみたけれど、なかなか成功に至らなかったということもあるでしょう。自分自身を変えるのは、洋服を変えるように簡単にできることではありません。無理に変わろうとすると、本来の自分のよさまで変わってしまうため、自分に合った方法を見極めることが大切。そこで今回は、自分を変える方法で失敗しやすいものについてご説明します。


男性と話すと緊張する…と女性が思った時にとる行動

男性と話すと緊張する…と女性が思った時にとる行動

男性と話すと緊張すると思った時には、今後の行動について少しずつ変えていくことも必要になるのです。緊張すると男性に対して思った時に、女性にとってほしい行動について今回は詳しくお伝えしていきましょう。


会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格

会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格

会って別れ話をする心理には、人柄や性格が関係しているケースもあるでしょう。実際に会わずに別れることも可能かもしれません。でもあえてそうしないのはなぜなのでしょうか。その思いについても気になるところですよね。今回は会って別れ話をする心理に隠れた人柄や性格について、一緒に考えていきましょう。


コーラ好きが唸る「ペプシ」に生が登場

コーラ好きが唸る「ペプシ」に生が登場

サントリー食品インターナショナルは、「PEPSI」ブランドの主力商品として、「ペプシ(生)」「ペプシ(生)ゼロ」を日本全国で発売すると発表した。


リクルートHD 上級管理職・管理職・従業員の女性比率を約50%に

リクルートHD 上級管理職・管理職・従業員の女性比率を約50%に

リクルートホールディングスは、サステナビリティへのコミットメントについて発表を行い、2030年までに同社グループ全体における上級管理職、管理職、従業員それぞれの女性比率を約50%にすると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!