2020年トレンドになったアイテムランキング・こんな時代だからこそ意外なものが売れた?!

2020年トレンドになったアイテムランキング・こんな時代だからこそ意外なものが売れた?!

2020年にトレンドになった商品は例年とは違い、意外なものもヒットしました。出費をそれとなく控える傾向にある今の生活。そんな中でも好調だった、2020年のトレンド商品をご紹介していきましょう。


プロテイン粉末

2020年にトレンドになった「プロテイン粉末」はかなり市場拡大しています。在宅勤務、外出を控える生活など、例年にはない新たなライフスタイルにより、運動する機会が減ったと感じている人は多いでしょう。

さらに健康にも興味を持ち、もっと体を丈夫にしようという意識も、プロテイン粉末がヒットした背景にあるようです。プロテインドリンクといってもあらゆる種類がありますが、中でも大豆原料のソイプロテインの売り上げが伸びたことが特徴。

女性の美容や健康のサポートをしてくれる可能性があるのも大豆成分です。購入者の年齢や性別ごとに見ると、15~29歳の女性の購入者が増加したともいわれています。

自宅でエクササイズをしたり、プロテインドリンクで体型を維持したり、運動不足になりやすい時期を上手く乗り越えている人が多いということですね。

玩具メーカー菓子

2020年にトレンドになったアイテムとしてランクインしたものは「玩具メーカー菓子」です。過去にもビックリマンチョコなど、爆発的に売れたお菓子はありますが、なぜ2020年トレンドに玩具メーカー菓子がトレンドになったのでしょうか。

その理由は、世界的にヒットした「鬼滅の刃」のおかげ。関連商品は飛ぶように売れ、玩具メーカー菓子はお菓子よりも「おまけ」欲しさに購入する人も多かったようですね。

鬼滅の刃は漫画も映画も空前の数字となり、全てのカテゴリーを含めたら2020年で一番販売金額が多かったものともいえるでしょう。

主人公が妹を助けるために頑張る姿は、今私たちが直面している困難と同じく、活力が欲しい時期に感情移入しやすい背景があったのかもしれません。

衛生商品

世界的に先行き不安な生活が続く中、私たちが安心して暮らすために必要必需品となったのが「衛生商品」です。2020年のトレンドになったアイテムはやはり「マスク」。

マスクは花粉症対策やインフルエンザ予防などである程度の需要がありますが、売上金額の前年と比較してかなりアップしました。一時期は品不足で、ドラックストア開店前から長蛇の列ができるなど社会問題にもなったのです。

またアルコール消毒液などの「殺菌消毒液」も、ケガの治療などの消毒液を除き、手指消毒剤だけに限定するとかなり増加したという結果もあります。

手指消毒液はカバンに入れて携帯したり、車に常備したりあらゆるところで使う大切なもの。誰もが予想しなかった事態は、これらの衛生用品市場にとって大きな動きがあった2020年といえます。他にも体温計、うがい薬、ウェットティッシュなども販売数が伸びたと考えられます。

Zoom

2020年に初めて「Zoom」という言葉を聞いた人も多いはずですが、Zoomが2020年のトレンドに仲間入りしたのは納得できますね。国内売り上げは100億円を突破し、前年比14倍の有料契約数に。この背景にあるのはテレワークが急増し、会議用ツールとして企業が取り入れ始めたことです。

さらにビジネスだけでなく習いごとのオンライン化、オンライン飲み会やオンラインデートなど、不要不急の外出を控える時期特有のコミュニケーションツールになったためといえるでしょう。

ビデオ会議は、2020年の春頃から需要が一気に増加。初めて登場したビデオ通話ツールがZoomというわけでは決してないのですが、Zoomは大人数でも途切れにくいことが魅力になっています。Skypeも利用者が増加したものの、「オンライン会議といえばZoom」という考えの人がとても多かったようです。

檸檬堂 こだわり檸檬サワー

従来の缶入りサワードリンクとは違い、こだわりの味が人気となったこの檸檬サワー。コカ・コーラから初めてお酒が販売されるという珍しさも影響して、一時生産が追いつかず出荷停止にもなるほどブレイクしました。

缶のデザインが「なんだか美味しそう」という感覚になる不思議な風合い。しっかりと檸檬サワーの味を楽しみたいという人にも好評で、自宅でのんびりお酒を味わったり、オンライン飲み会が増えたりしたことも、2020年にトレンド入りした理由になるでしょう。

プレミックス食材

ステイホームの期間中、自分で料理を作ることを趣味にしていた人も多いはず。外食に対して不安を抱く人がとても多い背景もあり、2020年は自宅で色々なレシピにチャレンジすることが増えました。

そういう暮らしの中で、手軽に使えるホットケーキなどのプレミックス食材もトレンドに仲間入りしたのです。子供のおやつ、夜食、在宅勤務中のランチなど、さっと作れるものであることが注目された証。ホットケーキミックスなら保存もできるので、ストック用に購入した人もいるでしょう。

まとめ

2020年のトレンドになったアイテムは、2021年も同様の理由で売り上げが期待されています。こんな時期だからこそ、購入したくなる人が多いアイテムは、どれも納得できますよね。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


2020 トレンド

関連する投稿


じゃらん、2019年GWの国内旅行人気旅行先とトレンドを発表

じゃらん、2019年GWの国内旅行人気旅行先とトレンドを発表

株式会社リクルートライフスタイルが運営する旅行サービス「じゃらん」は、2019年ゴールデンウィークの国内宿泊予約状況から、国内旅行の動向についてまとめた調査結果を発表した。


ブッキング・ドットコム、2018年の「旅行業界8大トレンド」予測を発表

ブッキング・ドットコム、2018年の「旅行業界8大トレンド」予測を発表

2017年10月25日、世界最大のオンライン宿泊予約サイト『Booking.com (ブッキング・ドットコム)』は、サイト上のクチコミと日本を含めた26ヶ国の1万9,000人以上を対象にしたアンケート結果より、2018年の旅行業界8大トレンド予想を発表しました。


最新の投稿


同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングとしては、どの時期がベストなのでしょうか。いくつかのタイミングがある中で、できれば理想的なものを選ぶようにしたいですよね。相手とよく話し合ったうえで、二人にとっての新しい生活をスタートさせるのがベストでしょう。今回は同棲のタイミングで、理想的なものを5つお伝えしていきますね。


Zoff 接客業向けのメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」を発表

Zoff 接客業向けのメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」を発表

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティックは、透明で表情が見やすく、飛沫も防ぐメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK(ゾフ・スリーディーシーマスク)」を発表しました。


頻繁に模様替えする心理で人柄がわかることも!

頻繁に模様替えする心理で人柄がわかることも!

頻繁に模様替えする心理により、性格や人柄が見えてくることがあります。自分自身がこのような心理になるケースもあるでしょう。その時に自分の性格や状態について、気が付く場合もあるのです。今回は頻繁に模様替えをする心理について、詳しくお伝えしていきますね。


ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の新キャンペーンとして、通話オプションが1年間月額500円割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を実施すると発表した。


ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

本田技研工業株式会社(ホンダ)は、市販車としては世界初となる自動運転レベル3を搭載した新型車「LEGEND(レジェンド)」を発売すると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!