一緒に写真を撮ることによるメリットとデメリット

一緒に写真を撮ることによるメリットとデメリット

一緒に写真を撮ることによりメリットもあるのですが、デメリットもあると覚えておくようにしましょう。付き合ってデートをした時に、写真を撮っておきたいと思う可能性もありますよね。まだ付き合っていない相手から「一緒に写真を撮りたい」と言われて、それに応じるケースもあるでしょう。今回は一緒に写真を撮ることによるメリットとデメリットについて、一緒に見ていきます。


会えない時でも写真を見て落ち着くことができる

普段あまり会えないカップルの場合は、一緒に撮った写真を見ることによって心が落ち着くという場合もあるかもしれません。このため会えた時には、できるだけ写真を撮っておこうと二人で決めている例もあるでしょう。

実際に顔を見ながら通話するという方法もありますが、写真を見ることによりそれとはまた違った穏やかな気持ちになれる可能性もあるのです。

「今度はここに一緒に行ってみたいな」というように、次のデートについて想像することもできるでしょう。相手も同じように考えていてくれて、会えない時にも写真を見て心が近くにあることを感じられる場合もあるかもしれません。

思い出に残すことができる

少し遠出をした時などには、思い出として写真に収めておきたいという思いを持つこともありますよね。実際によく行くカフェに行ったとしても、季節が違ったり時間帯が違ったりするだけで、雰囲気を変えるのも可能になるのです。

二人の思い出を少しでも多く残しておきたいという気持ちがあるので、写真を一緒に撮りたいと思うカップルもいるでしょう。写真の数だけ二人の思い出が増えたというように考えると、一緒に撮った写真を残しておきたいという気持ちになる場合もあるのです。

「あの時は楽しかったね」と話しながらその写真を見て、二人しか知らないエピソードを語り合うのも、カップルにとってとても素敵な時間になるでしょう。スマホで撮影をするだけではなく、デジタルカメラを購入して二人で共有しようと決めたというカップルもいるのです。

別れてしまった時に処分しづらい

カップルが仲良く付き合っている間は良いのですが、もし関係が悪くなって別れてしまった時には、写真を撮っていたといった場合に処分がしづらいと感じるかもしれません。処分したくてもできないと思った時に、まだ未練があるのかもと悩んでしまうケースもあるでしょう。

「こんなことなら、一緒に写真を撮らなければよかった」と別れてから思う場合もあるのです。これについては相手からもらったプレゼントや、こちらが贈ったプレゼントについても同じように言えるでしょう。

その場合は、これが二人にとって最善だと思ってしたことが、後から悩みの種になってしまうリスクもあるのです。特に自分の写真を別れた恋人が持っているということに対して、あまりいい気がしないというケースもあるでしょう。

記念日にアルバムを作ることができる

一緒に写真を撮る機会が多いと写真が増えていくため、その時にはフォトアルバムにすることもできるのです。そして記念日には、アルバムを作って相手に贈るのも可能でしょう。世界にひとつしかないとても素晴らしい贈り物になるため、相手が喜んでくれる可能性もあるのです。

「何を贈ったら喜んでくれるだろう」と考えた時に、今まで一緒に過ごしてきたこと、そしてこれからも一緒にいてほしいという思いを伝えるための手段として、二人で撮った写真をアルバムにしてまとめるという方法もあるでしょう。

これを見て相手としては、自分はとても愛されていると感じられるのです。そして今度は自分がアルバムを作って、相手に贈るようにしようと考えるケースもあるでしょう。二人の付き合いが長くなるにつれて写真が増えていくため、アルバムを贈り合う機会も増える可能性があるのです。

写真を撮るのが苦手な場合も

もともと一人の写真であっても友人と撮るとしても、写真を撮られるのが好きではないという人もいます。でも付き合った相手は、写真を撮るのが好きというケースもあるでしょう。このような時には、一緒に写真を撮ろうと相手に伝えても、それに応える方としては辛くなってしまうのです。

ここで写真を撮りたくないと言ってしまうと、何か隠し事をしているかのように思われてしまい、疑われるのを避けたい気持ちもあるでしょう。

このため一緒に写真を撮ることにより、嬉しくて幸せだと思う人もいますが、もともと写真を残しておくのが好きではないというタイプの人もいると理解しておきたいですね。このような相手に対して、無理に写真をねだるようなことをすると負担をかけてしまうリスクがあるのです。

まとめ

一緒に写真を撮ることにより、様々なメリットがあるでしょう。でもメリットだけではないと把握したうえで、相手と事前に話し合っておく必要もありますね。付き合っているのだから、写真を一緒に撮るのは当然と自分が思っていても、相手の気持ちとしてはそうではない場合もあるのです。自分の感情を押しつけるだけではなく、相手の思いを大切にしながら付き合っていくことにより、長続きするカップルになることができるでしょう。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


一緒に写真を撮る

最新の投稿


思い詰める性格をなんとかしたいとき~思考の癖に気づくコツと改善策~

思い詰める性格をなんとかしたいとき~思考の癖に気づくコツと改善策~

思い詰める性格をなんとかしたいけれど、どうしても考え込んでしまう人がいます。些細な悩みも深く思い詰めると、自分にとって深刻な問題になりそうですよね。私たちは考える時のパターンや癖があり、ネガティブになってしまうとそこから抜け出すのが大変。思い詰める性格で悩んでいる人も、まずは考え方の「癖」があることに気づき、変えていくことが大切なのです。そこで今回は、思い詰める性格の改善策についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


他人を応援できない人の特徴・応援すると人生が好転するお話

他人を応援できない人の特徴・応援すると人生が好転するお話

他人を応援できない人とは、決して珍しい存在ではありません。誰にでもある自分の嫌な部分。その中に他人の幸福を喜べない思いが少しはあるでしょう。いつも自分のことを大切に考えてくれる周囲の人たちには、同じように寛大な思いやりの心で接したいですよね。しかし人間にとって、ネガティブな感情を全て消すことは難しいのです。そこで今回は、他人を応援できない人の特徴についてご解説しますので、改善できる部分は徹底的にチャレンジしてみましょう。


ヤフー 民間取引先との契約の「100%電子サイン化」を達成

ヤフー 民間取引先との契約の「100%電子サイン化」を達成

ヤフー株式会社は、2021年3月までの目標として掲げていた「民間取引先との契約手続きの100%電子サイン化」を達成したと発表しました。


おしゃれですねと言う人の心理に潜んだ思いとは

おしゃれですねと言う人の心理に潜んだ思いとは

おしゃれですねと言う人の心理としては、表面的には分かりにくい思いが関係している場合もあるのです。異性から褒められたと感じて、嬉しい気持ちになる人もいるかもしれません。今回は「おしゃれですね」と言う人の心理に隠れている思いについて、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてください。


チラシ・DMをLINEで配信する「LINEチラシ」 トークリストへの掲載を開始

チラシ・DMをLINEで配信する「LINEチラシ」 トークリストへの掲載を開始

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」を活用したデジタルチラシサービス「LINEチラシ」において、新たにLINEのトークタブ最上部の「トークリスト」との連携を開始すると発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!