電通、2017年「日本の広告費」発表 6年連続で成長

電通、2017年「日本の広告費」発表 6年連続で成長

株式会社電通は、日本の総広告費と媒体別・業種別の広告費を推定した「2017年(平成29年)日本の広告費」を発表しました。


株式会社電通は、日本の総広告費と媒体別・業種別の広告費を推定した「2017年(平成29年)日本の広告費」を発表しました。総広告費は6兆3,907億円の前年比101.6%で、6年連続での成長となりました。

媒体別の成長率は?

2017年の総広告費は通年で6兆3,907億円の前年比101.6%となっており、国内の「持続する緩やかな景気拡大」に伴うものとみています。

媒体別にみると、マスコミ四媒体では「新聞広告費」が前年比94.8%、「雑誌広告費」同91.0%、「ラジオ広告費」同100.4%、「テレビメディア広告費」同99.1%となっており、「ラジオ広告費」のみ微増で、四媒体合計でみると前年比97.7%となっています。

一方「インターネット広告費」は前年比115.2%と二桁成長しており、広告費全体を押し上げる形となっています。また「プロモーションメディア広告費」に関しては前年比98.5%で、その内訳では「屋外」「POP」「展示・映像ほか」が増加しています。

Getty logo

インターネット広告の主流は運用型広告

前年の2016年に初めて1兆円を超えた「インターネット広告費」の媒体費は、2017年に入っても好調に推移しています。このうち「運用型」の広告費は9,400億円で前年比127.3%と大きく伸びており、媒体費全体における構成比で4分の3を占める結果となりました。また、前年からの傾向として動画広告が拡大しており、スマートフォンの普及・活用に代表されるモバイルシフトの進行によって、動画広告メニューの拡充が行われたことが要因と考えられます。

広告主に関しては、ナショナルクライアントによるデジタル・トランスフォーメーションが加速し、従来は純広告などの予約型広告の利用が主だった業種においても運用型広告の活用が進んでいるといいます。さらに、「マスコミ四媒体広告の利用率が高かった食品や飲料といった業種においても、インターネット広告の活用が進みつつある」としています。

2017年 日本の広告費

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0222-009476.html

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は本日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2017年(平成29年)日本の広告費」を発表した。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


電通 広告費

関連する投稿


スマートニュース 総額100億円の資金調達 米国事業を加速

スマートニュース 総額100億円の資金調達 米国事業を加速

スマートニュース株式会社は、米国市場での急成長のさらなる加速のため、総額100億円の資金調達を実施すると発表した。


「SPORTS BULL」を運営する運動通信社、電通、mixiなどから資金調達を実施

「SPORTS BULL」を運営する運動通信社、電通、mixiなどから資金調達を実施

スポーツインターネットメディア「SPORTS BULL」を運営している株式会社運動通信社は、第三者割当増資により7.4億円の資金調達を実施したことを発表した。


セガゲームス関連会社へ電通が出資

セガゲームス関連会社へ電通が出資

株式会社セガゲームスは、同社のグループ会社でゲーミフィケーション事業を展開しているクロシードデジタル株式会社へ、株式会社電通が出資したことを発表した。


電通ベンチャーズ、メディア事業を展開するTABILABOに出資

電通ベンチャーズ、メディア事業を展開するTABILABOに出資

株式会社電通が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」は、ミレニアル世代向けのメディア事業を展開する株式会社TABILABOに出資したと発表した。


電通、電通テック、吉本興業の3社共同出資のナイトエンタテインメント事業「サクヤルミナ」が大阪城公園内にオープン

電通、電通テック、吉本興業の3社共同出資のナイトエンタテインメント事業「サクヤルミナ」が大阪城公園内にオープン

株式会社電通、株式会社電通テック、吉本興業株式会社の3社が共同で出資するナイトエンタテインメント事業「サクヤルミナ」が、2018年12月15日大阪城公園内にオープンすると発表されました。


最新の投稿


共働き夫婦のお金の管理は半数以上が「分担制」 OsidOriが調査結果を発表

共働き夫婦のお金の管理は半数以上が「分担制」 OsidOriが調査結果を発表

夫婦のお金の管理・貯金アプリ『OsidOri(オシドリ)』を提供する株式会社OsidOriは、夫婦の家計管理に関する調査を実施、その結果を発表しました。


わかりやすい女性は男性から好かれやすい?

わかりやすい女性は男性から好かれやすい?

わかりやすい女性は、モテることが多いのかどうか気になるところです。実際に男性としては、そういう女性を好む時もあれば違うと思う場合も。今回はわかりやすい女性が男性から好かれやすいかについて、詳しくお伝えしていきましょう。


帰省の持ち物準備は大丈夫?あると便利なものリスト

帰省の持ち物準備は大丈夫?あると便利なものリスト

帰省の際の持ち物は旅行とは違うので、うっかり忘れ物する場合がよくあります。年末年始やお盆など、たまに実家に帰るのは久しぶりで、家族と積もる話で盛り上がります。しかし実家に帰るだけだから安心だと油断すると、後で慌ててしまう場面もあるでしょう。仕事や育児で忙しい人などは、帰省の持ち物を直前に準備することも。実家で快適に過ごすためにも、事前に持ち物リストをしっかりと作っておいてください。何が必要なのか、意外と忘れやすいアイテムをご紹介しますので、次回帰省する際に参考にしてみましょう。


時間が足りない時に見直すべき、無駄習慣の存在と時間の使い方

時間が足りない時に見直すべき、無駄習慣の存在と時間の使い方

暇を持て余していた学生時代が嘘のように、社会人になるとその忙しさから自由に使える時間というのは激減してしまいます。何とかして時間を捻出したい、そう思う人も多いのではないでしょうか。1日24時間という時間の総量は変えることができませんが、目の前の時間をどう使うかは工夫次第です。スマホ弄りといった無駄な時間をなくす、交通機関を見直し移動時間を節約する、集中力を発揮して時間の密度を高めるという方法を使えば、時間というのは作り出すことができるようになるのです。


LINE Pay「請求書支払い」1,000団体で導入 公共料金も120団体で利用可能

LINE Pay「請求書支払い」1,000団体で導入 公共料金も120団体で利用可能

LINE Pay株式会社は、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「請求書支払い」機能において、支払える請求書の発行団体数が1,000を突破したと発表しました。