ビジネス

ビジネス

働くヒントをプラス


ビジネスの記事一覧

何となく帰りづらいからと残業してしまう人が実践したい対策とは?

何となく帰りづらいからと残業してしまう人が実践したい対策とは?

残業はしたくないと思いつつ、職場の同僚が働いている中定時で帰るのは抵抗があると感じている人はいませんか。自分の分は就業時間内に終わっているにも関わらず、周囲に気を遣いすぎるあまり職場に居残ってしまう人もいるのです。定時で堂々と帰るためには、普段から少しずつ対策をしておくといいかもしれません。


リーダーシップを身に付けるには?指示がうまいだけじゃダメ

リーダーシップを身に付けるには?指示がうまいだけじゃダメ

社会の組織の中で、リーダーという存在はとても重要です。しかし、リーダーというのは決められた役割にすぎず、リーダーだからといってリーダーシップがあるとは限りません。リーダーでなくてもリーダーシップを持って行動することができれば、いろんな場で貢献でき組織全体のバランスが整うはずです。そこで今回は、社会で活躍するためにやっておきたいリーダーシップの身につけ方をご紹介していきます。


こんな人と一緒に働きたい!人望がある上司の特徴とは?

こんな人と一緒に働きたい!人望がある上司の特徴とは?

会社では優秀なだけの上司は必ずしも高い評価を得ることはできません。仕事ができるに越したことはありませんが、チームで働く会社では、むしろ部下を上手くまとめ士気を高めることができる能力が求められます。つまり、「この人と一緒に働きたい」と思わせる人望ある上司の方が職場の雰囲気も良くなり、より高い結果を出すことができるのです。では、人望ある上司とは、一体どのような人のことを指すのでしょうか?


できる人は実践している、残業を避けるためのテクニックとは?

できる人は実践している、残業を避けるためのテクニックとは?

毎日残業をせずに帰宅できている人は、必ずしも全員が仕事ができる優秀なタイプという訳ではありません。もちろん能力自体が高い人も多いのですが、中には能力は普通なのになぜかいつも当日の仕事が完了しているような、「なんであの人まで?」と思うような人もいるのではないでしょうか。実は彼らは残業を避けるために上手にテクニックを使うことで、効率的に仕事を行なっているのです。


人望ある上司になるために求められる、物腰の柔らかさ。

人望ある上司になるために求められる、物腰の柔らかさ。

出世した途端に傲慢に振る舞う上司がいる一方で、出世しても部下への礼儀や謙虚さを忘れない上司もいます。どちらが人望を得られるかといえば、圧倒的に後者の上司でしょう。能力だけ高くても、人望が伴っていなければ優秀とは言えません。人望ある上司になるためには、相手が話しかけやすいような、物腰の柔らかさも求められます。


いつも残業になってしまう人に不足している能力とは?

いつも残業になってしまう人に不足している能力とは?

職場のメンバーを見渡してみると、いつも颯爽と定時頃に帰っている人もいれば、深夜近くまで職場に残り残業している人と分かれているのではないでしょうか。日によって残業メンバーが変わるならまだしも、基本的には顔ぶれはいつもの固定メンバーとなっている場合も多く、明らかに両者の習慣の違いによるものだと思われます。今回はいつも仕事が終わらず深夜残業に陥ってしまう人が不足している能力について紹介します。


就活に有利になる!今注目の資格を5つご紹介

就活に有利になる!今注目の資格を5つご紹介

自分のスキルを上げてくれて、目に見える形で示してくれる資格は就活においてとても活躍します。 特定の資格があるのとないのとでは、報酬や待遇が違う企業だって珍しくありません。 そんな資格ですが、時代と共に有利な資格が進出したりして、優遇が変わってくることもあるのです。 そこで、今回は今注目の資格や就職に役立つ資格を5つご紹介します!


人脈作りが大切!社会人にとって成功を導く人脈とは?

人脈作りが大切!社会人にとって成功を導く人脈とは?

人脈作りは、社会人にとって成功するためのステップ。たくさんの人と上手に付き合える人ほど、仕事もスムーズに展開しやすくなります。最近ではTwitterやFacebookなどを通じて、数多く友達を作ることができますよね。しかしこのような単なる知り合いでなく、人脈作りが社会人には重要なのです。色々な人との出会いはさらに自分を成長させ、人生に幸福をもたらしてくれるでしょう。話すのが得意でない人でも、人脈作りをすることは可能です。そこで早速ですが、ビジネスも人生も成功する社会人の人脈作りについてご説明します。


本気かどうか迷ってしまう、ビジネスマンが利用する社交辞令。

本気かどうか迷ってしまう、ビジネスマンが利用する社交辞令。

職場や取引先との会話で交わされる社交辞令の言葉。社交辞令は相手を傷つけずにやんわりと断ったり、場の空気を和ませたりとコミュニケーションを円滑にさせる潤滑油の役目があります。ただ、中には本気で行っているのかどうか判断に迷う言葉も多いのではないでしょうか。


飽きっぽい人に向いた仕事は何?継続できるオススメの職種

飽きっぽい人に向いた仕事は何?継続できるオススメの職種

飽きっぽい性格だと、仕事も長続きしなくて大変。そんな悩みを抱いている人は自分の性格を把握し、継続できる職種を見つけることが大切です。どんな人でも自分が好きなことなら、時間が経つのを忘れるほど夢中になって続けられますよね。飽きっぽい人の仕事選びは興味があるだけでなく、我慢する価値があるものを探すことがコツです。世の中には色々な仕事があり、単純作業を刺激的に感じながら続ける人もいればすぐに飽きてしまう人も。そこで大切な点は、自分の短所と長所を知り仕事を見つけることなのです。それでは早速ですが、飽きっぽい人に向いている仕事についてご紹介します。


マナーの良い人になるために意識したいこと

マナーの良い人になるために意識したいこと

マナーの良い人はいつも品格があり、周囲にも素敵な印象を残してくれます。マナーとは突然身につけられるものではなく「育ち方」「生活環境」「付き合う人」などにも影響を受けてしまうもの。「育ちが悪い人」という表現があるように、マナーを守ることは人間関係でとても大切なことです。またそれと同時に、自分の魅力をうまく相手に伝えるためのコツにもなるでしょう。しかし自分では意識して生活しているつもりでも、つい出てしまう言葉や仕草などはどうにもならないことも。 そんな人にぜひ知っていてほしいのが、マナーの良い人になる方法です。今日から普段の生活でも、次のポイントを意識してみましょう。


しっかり休んで仕事効率を上げよう!おすすめ仮眠グッズ5選

しっかり休んで仕事効率を上げよう!おすすめ仮眠グッズ5選

仮眠ルームを導入する職場もあるほど、仕事の間の一休みは作業効率を上げると言われています。効果的に仮眠を取ってストレスを緩和させれば、自分の功績を伸ばせそうですよね。そこで、自宅はもちろんオフィスでも使えるおすすめの仮眠グッズを5つご紹介します。


挨拶は立場に関係なく、先に声をかけるのがベストのタイミング

挨拶は立場に関係なく、先に声をかけるのがベストのタイミング

上司と会社の廊下ですれ違った際、一般的には目下の方が先に挨拶をするべきだと思われています。ただし実際は、どちらか先に挨拶をするべきかを考える前に、立場に関係なく先に相手に気がついた方から挨拶をした方がいいのです。「おはようございます」と声を掛けるのは挨拶、「おはよう」とそれに返すのはただの返事なのですから。


上司とプライベートで遭遇した際の挨拶は、状況によって判断を。

上司とプライベートで遭遇した際の挨拶は、状況によって判断を。

人間関係は「おはようございます」「こんにちは」から始まるといってもいいほど、挨拶は会社でのコミュニケーションの基本中の基本です。一方で上司とプライベートの場で偶然会ってしまった場合、挨拶した方がいいのかは一瞬迷うと思います。基本的には挨拶をした方がいいですが、まずは挨拶をして大丈夫な状況かどうかを判断しましょう。


話す速度は、TPOによって変えるのがコツ!

話す速度は、TPOによって変えるのがコツ!

相手が聞き取りやすいようにゆっくりと話すのがいいのか、あるいはテンポよく話を展開するために早めの口調の方がいいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。会話はゆっくり話した方がいいように思われますが、正確にはTPOに応じて、その場や人に合った話し方をするのがいいのです。


面接でマイナスな印象を与える原因5つ

面接でマイナスな印象を与える原因5つ

面接は今後の人生を左右する重大な通過点の一つ。面接が苦手という人は多いはずです。本番で上手くいった!と思っても、意外な点で面接官にマイナスな印象を与えて、落ちてしまう可能性は充分にあります。では、どんな原因がマイナスな印象となってしまうのかをここでご紹介いたします。


職場で孤立して辛い時は、別のコミュニティを作りましょう。

職場で孤立して辛い時は、別のコミュニティを作りましょう。

誰もが職場内での孤立を恐れるのは、自分の居場所は職場しかないと考えているからです。職場の人間関係が自分のコミュニティの全てだと考えるから、そこから外れると生きていけないと感じてしまうのです。しかし決してそのようなことはありません。外に目を向ければ世界は思った以上に広く、職場がダメでも別のコミュニティに所属することもできます。会社の他に居場所を作れば、職場での孤立も怖くなくなりますよ。


コミュ力は二の次で大丈夫。会社ではあくまで仕事を目的としましょう

コミュ力は二の次で大丈夫。会社ではあくまで仕事を目的としましょう

職場で仲がいい人がいない、嫌いな人とも付き合わないといけないのが苦痛など、会社で働く上で切っても切り離せないのが人間関係です。人間関係のトラブルはうつ病を発症してしまったり、転職を考えなければいけないほど深刻なケースとなってしまうこともあります。ただ、仕事のために会社に来ているのに、必要以上にコミュニケーション能力の有無が重要視され過ぎているのではないでしょうか。


上司との関係悪化を引き起こしやすい社員に共通する言動。

上司との関係悪化を引き起こしやすい社員に共通する言動。

職場の人間関係の中でも難しいのが上司との関係です。毎日顔を合わせるだけでなく、仕事を進める上でも上司とのやり取りは避けることができません。もし関係が悪化してしまえば仕事への悪影響が心配されるからこそ、悩んでいる人も多いのです。どのような人が上司との仲が悪くなりやすいのかを知ることで、今後の対策を立てましょう。


デキる部下を育てる上司の指導の方法とは

デキる部下を育てる上司の指導の方法とは

上司は数多くの責任重大な仕事を任される立場ですが、部下の指導もそのひとつです。多くの上司は部下の指導の仕方に頭を抱えているのではないでしょうか。優秀なデキる部下がいれば、会社の仕事効率が上がりますし、上司の仕事にも余裕ができますよね。そこで、デキる部下を育てる上司の指導方法のポイントをまとめました。