AIに関する記事


警察庁協力のもとAIによって指名手配被疑者の今の姿を予測するプロジェクト「TEHAI」が発足

警察庁協力のもとAIによって指名手配被疑者の今の姿を予測するプロジェクト「TEHAI」が発足

ヤフー株式会社、株式会社電通デジタル、株式会社パーティーの3社は、警察庁から写真や情報提供などの協力を得たうえで、AI(画像解析・生成技術)を活用して指名手配被疑者の過去の写真から今の姿を予測するプロジェクト「TEHAI(てはい)」を始動したと発表しました。


ヤフー 投稿コメントを評価する自然言語処理モデル(AI)のAPI無償提供を発表

ヤフー 投稿コメントを評価する自然言語処理モデル(AI)のAPI無償提供を発表

ヤフーは、Yahoo!ニュースに投稿されるコメントの健全化を目的に導入している「深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)」を利用し、コメントを評価するAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)を無償提供すると発表しました。


【書評】コロナに負けない知識を手に入れる『竹内薫の「科学の名著」案内 感染症、AI新時代を生き抜く科学知識の身につけ方』

【書評】コロナに負けない知識を手に入れる『竹内薫の「科学の名著」案内 感染症、AI新時代を生き抜く科学知識の身につけ方』

先行きの見えない現代。「今までの常識が通用しない」と考える人は多い。このような時代を生き抜くには、何が必要なのでしょうか?答えは「科学」です。科学は日進月歩で進化しており、今、私たちが指標にするべき1つの方法論だったのです。


【書評】AI時代を迎える前に知っておきたい『10年後に食える仕事 食えない仕事 AI、ロボット化で変わる職のカタチ』

【書評】AI時代を迎える前に知っておきたい『10年後に食える仕事 食えない仕事 AI、ロボット化で変わる職のカタチ』

「AIに仕事を奪われる」と叫ばれて久しいですが、実際、どんな仕事が奪われるかご存知ですか?これから迎えるAI時代で生き残るためには、やはり「知識」が重要となります。そこで今日は、AI化によって職場がどう変わるのかが理解できる一冊をご紹介します。


Amazon Alexaに対応したコンセントを発売

Amazon Alexaに対応したコンセントを発売

Amazonは、同社の音声アシスタント「Alexa」に対応した電源コンセント「Amazon Smart Plug」を発売すると発表した。


NTTドコモ・ベンチャーズ 自律飛行型ドローンを開発するSkydio社へ出資

NTTドコモ・ベンチャーズ 自律飛行型ドローンを開発するSkydio社へ出資

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio,Incに出資を行うと発表しました。


Preferred Networks プログラミング教材「Playgram」で教育事業に参入

Preferred Networks プログラミング教材「Playgram」で教育事業に参入

株式会社Preferred Networksは、深層学習などのAI技術の実用化が進むこれからの時代に世界レベルで活躍できる人材を育成する目的で、コンピュータサイエンス教育事業を立ち上げると発表しました。


シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「AI教育パック」を販売すると発表しました。


名刺アプリEight 自動的にAIがスキルを判別する機能を提供

名刺アプリEight 自動的にAIがスキルを判別する機能を提供

Sansan株式会社は、同社が提供する名刺アプリ「Eight」の新機能として、AIが自動的にスキルを判別してタグを付ける機能の提供を開始すると発表した。


ALSOK 非接触での入室制限を実現するAI体温測定顔認証端末を販売

ALSOK 非接触での入室制限を実現するAI体温測定顔認証端末を販売

ALSOKは、新型コロナウイルス感染症対策を目的としたAI体温測定顔認証端末「FACE FOUR」の販売を開始すると発表しました。


ソニーAIとANAグループのavatarin 遠隔操作ロボット開発で協力

ソニーAIとANAグループのavatarin 遠隔操作ロボット開発で協力

株式会社ソニーAIと、avatarin株式会社は、ソニーAIの保有するAI・ロボティクス技術と、avatarinの保有するアバター(遠隔操作ロボット)技術を組み合わせて、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協力していくことで基本合意したと発表しました。


LINE証券 AIが決算短信を自動解析する「決算ビジュアルレポート」提供開始

LINE証券 AIが決算短信を自動解析する「決算ビジュアルレポート」提供開始

LINE証券株式会社は、スマホ投資サービス「LINE証券」において、上場企業の決算などが発表された即日に、株価トレンド予想・売上高や営業利益などをわかりやすくまとめて通知してくれる「決算ビジュアルレポート」の提供を開始すると発表しました。


LINE AI部門の再編成を発表 採用強化でAI技術人材を200名規模へ

LINE AI部門の再編成を発表 採用強化でAI技術人材を200名規模へ

LINE株式会社は、同社のAI技術の研究・開発およびAI技術を活用した事業発展の促進を目的に、AI技術に関連する社内組織の再編成、採用活動の強化を発表しました。


LINE AI技術を利用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始

LINE AI技術を利用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始

LINE株式会社は、LINE BRAINのAI技術をNAVER Business Platform Corp.に提供し、「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」のSaaS提供を開始すると発表しました。


マイナビ ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta」へ出資

マイナビ ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta」へ出資

株式会社マイナビは、ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(アッタ)」を運営する株式会社attaに出資を実施したと発表した。


FiNC Technologies 約50億円の資金調達を実施

FiNC Technologies 約50億円の資金調達を実施

ヘルステックベンチャーである株式会社FiNC Technologiesは、総額約50億円の資金調達を実施。これまでの累計調達額が150億円強となったことを発表した。


「リノベる。」 AI(機械学習)活用でオススメの住まいを提案する「sugata」を提供

「リノベる。」 AI(機械学習)活用でオススメの住まいを提案する「sugata」を提供

リノべる株式会社は、2020年1月末より利用者の好みに合わせた住まいのデザインテイストとパーツを自動で提案するオンラインサービス「sugata(スガタ)」の提供を開始すると発表しました。


オンラインAI学習「Aidemy」がユーザー数50,000人突破

オンラインAI学習「Aidemy」がユーザー数50,000人突破

株式会社アイデミーは、同社運営の10秒ではじめるオンラインAI学習サービス「Aidemy」のユーザー数が50,000人を突破したと発表しました。


イードリーマー 自動車事故のAI自動修理見積もりサービスを開発

イードリーマー 自動車事故のAI自動修理見積もりサービスを開発

株式会社イードリーマーは、損害保険ジャパン日本興亜株式会社と共同で、顧客が撮影した自動車の画像をAIで解析し、リアルタイムに自動車の概算修理金額を見積もる自動見積もりAIを開発したと発表した。


実物資産管理アプリ「Miney」で瞬時に時計の価値がわかるAI自動査定機能を公開

実物資産管理アプリ「Miney」で瞬時に時計の価値がわかるAI自動査定機能を公開

株式会社SOUは、グループ企業である株式会社SOU Technologiesで運営する資産管理アプリ「Miney」上で、スマートフォンひとつで瞬時に時計の査定価格を算出する「AI自動査定(β版)」機能を公開すると発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!


C&K