人間関係に関する記事


【書評】人間関係の悩みを軽減させる「思考」を手に入れる『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』

【書評】人間関係の悩みを軽減させる「思考」を手に入れる『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』

「あの人が許せない」「人間関係がうまくいかない」と悩んでいる人がいます。忘れようとしても、なぜか頭から離れません。どうしたらいいのでしょうか?そこで今日は、気持ちを切り替えるための「気づき」が得られる本をご紹介します。


聞き上手はメリットだらけ!聞き上手が人から好かれる理由

聞き上手はメリットだらけ!聞き上手が人から好かれる理由

聞き上手な人は恋愛や人間関係では有利だと言われています。しかし、そもそも聞き上手ってどんな人のことを言うのでしょうか。そして、どうして聞き上手な人はモテるのでしょうか。ここでは、聞き上手な人が人から好かれる理由をご紹介します。


【書評】ツラい“人間関係”から脱出する『人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本』

【書評】ツラい“人間関係”から脱出する『人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本』

「職場の人間関係がツライ」「なぜか私だけ報われない」「良かれと思ってやったのに責められた」そんな、気を遣いまくって、今にも心が折れそうな「お察し上手」な人がいます。どうしたら、彼らを救うことができるのでしょうか?そこで今日は、「お察し上手」な人が読むべき一冊をご紹介いたします。


人間関係のイライラの裏に隠れている感情とその解消法とは?

人間関係のイライラの裏に隠れている感情とその解消法とは?

他人の無配慮な言動など、人間関係で不満やストレスを感じてしまう人は多いはず。ただ一方で職場でもプライベートでも、人間関係にさほど振り回されずに上手に世渡りができている人もいます。実はこのように人間関係のイライラに支配されない人になるのに、特別なコミュニケーション能力は必要ありません。イライラを生み出す価値観に気づき、捉え方を少し変えるだけで人間関係に振り回されることも少なくなりますよ。


外交的な人がやりがちな、不調を買うコミュニケーションとは?

外交的な人がやりがちな、不調を買うコミュニケーションとは?

外向的な人はコミュニケーションが得意というイメージがありますよね。しかし、相手の気持ちを察して親密な関係を築ける内向的な人の方が、コミュニケーション能力が高いとも言われています。外向的な人は、良くも悪くも相手の気持ちに鈍感な人たちです。だからこそ物怖じせずに話しかけることもできるのですが、一方でその鈍感さゆえ、相手から不評を買ってしまうことも多々あるのです。


先入観をなくしましょう。人間関係を困難にする色眼鏡とは?

先入観をなくしましょう。人間関係を困難にする色眼鏡とは?

「色眼鏡」とは実際に顔にかける眼鏡ではなく、先入観により自分が見たいように世界が見えてしまう心理的な枠組みのことです。対人関係で悩みを抱える人の中でも、ネガティブな色眼鏡を通して相手を見ている人は少なくありません。評判や第一印象だけで相手の人物像を固定して、それ以上の理解や歩み寄りをやめてしまうのです。もし嫌な人がいる場合、一度色眼鏡を外して、改めて相手のことを見てみてください。先入観や偏見を取り外せば、その人の評価も好転するかもしれません。


仕事で人生が埋め尽くされる、ワーカホリックの人の特徴とは?

仕事で人生が埋め尽くされる、ワーカホリックの人の特徴とは?

仕事中毒とも訳されるワーカホリック。仕事に打ち込むあまり度を超えて、普段の生活まで仕事一色で埋め尽くされるような人を指す言葉です。一見仕事熱心な人にも見えますが、ワーカホリックの人は仕事に没頭するあまり健康や人間関係を後回しにしてしまい、生活に様々な支障を起こしていることも少なくないのです。では、ワーカホリックの人は具体的にどのような人のことを指すのでしょうか。


やり過ぎは逆効果。気の遣いすぎは人間関係を悪化させます。

やり過ぎは逆効果。気の遣いすぎは人間関係を悪化させます。

一般的に相手への気遣いができる人というのは好かれやすく、良好な人間関係を築くことができるプラスの性質です。ただ、何事も程々が一番なように、気遣いも行き過ぎてしまうと人間関係に大きな悪影響を与えてしまうこともあるのです。自己中な人はもちろん問題ですが、気を遣い過ぎる人も同じくらい厄介な人と認識されてしまう危険性があります。


”怒れない”は社会で不利?他人に怒れない人の特徴

”怒れない”は社会で不利?他人に怒れない人の特徴

怒ることに抵抗を感じて怒りをため込んでしまうと、物事がうまく進まなかったりストレスを感じたりしてしまいます。うまく怒れない人は、然るべき場面でしっかりと怒れる人が羨ましく感じることもあるかと思います。ここでは、他人に怒れない人の心理から怒れるようになるための改善方法をご紹介いたします。


会話に詰まる人の特徴と改善の仕方

会話に詰まる人の特徴と改善の仕方

初対面の人や上司と会話をする時、言葉に詰まって会話が途切れてしまう事ありませんか?そのまま無言の時間が続くと気まずくなり、余計に言葉が出てこなくなりますよね。ここでは、会話に詰まる人の特徴や改善方法をご紹介致します。


男性のことが苦手な女性の特徴と原因

男性のことが苦手な女性の特徴と原因

男性と関わるのが苦手…恋愛もできない。このような女性は沢山います。男性はそんな女性と接する時、何もしていないのに嫌われていると思うことがあるかもしれません。 男性のことが苦手な理由には過去の恋愛やこれまでの経験が関係しているのかも!そこで今回は、そんな女性の特徴や原因をご紹介します。


【書評】人間関係を円滑にする術を体得する『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

【書評】人間関係を円滑にする術を体得する『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

「あの人が理解できない」「自分のことをわかってもらない」職場の人間関係で、悩みが尽きることはありません。近年では「心理学」によって、人間関係が良好になると言われますが、なぜか自分に当てはまらない人がいます。そこで今回は、一味違った観点から人間関係を紐解いた本をご紹介します。


他人に興味が無い人の特徴とピッタリの仕事は?

他人に興味が無い人の特徴とピッタリの仕事は?

「人に興味ない?」と言われること、もしくは他人に興味無いのかな?と感じる人が周りにいませんか? 他人に興味が無いということは、人と関わりたくないのでしょうか。今回は、他人に興味が無い人の特徴や心理や、ピッタリの仕事をご紹介していきます。また、他人に興味が無い人との関り方を探してみましょう。


ありのままでいたい…人目が気になる人の特徴と改善の仕方

ありのままでいたい…人目が気になる人の特徴と改善の仕方

他の人に自分がどう思われているのか気になって、思い通りに行動が出来なかったり、人と会話ができなかったり…。そんな人は、ムリして偽っている生活にストレスを感じて人間関係に不満を感じることがあるかと思います。では、人目を気にする人はなぜ人目が気になるのか、その特徴を知って改善方法を見つけていきましょう!


苦手な人との接し方を変えてストレスを減らそう

苦手な人との接し方を変えてストレスを減らそう

誰でも一人は職場などの身近な場所に苦手な人がいるものです。極力関わりたくないけど、どうしても接する機会が多い時、あからさまに嫌な態度を取る訳にはいきませんよね。 しかし、苦手な人と関わることは、かなりのストレスにもなります。 ここでは、ストレスを溜めないために苦手な人とどう接すればいいのかをご紹介していきます。


グッと飲み込みましょう。人間関係を悪化させるネガティブワードとは

グッと飲み込みましょう。人間関係を悪化させるネガティブワードとは

職場を見渡すと、いつも明るい話題を話している人の周りには人が集まっている一方で、暗い話題ばかり話している人は周囲から避けられているのではないでしょうか。良くも悪くも言葉として吐き出された感情は周囲に伝染するので、どんな言葉を使うかによって周りの人間関係も変わってくるのです。どうせなら自分も周囲も幸せにするような言葉を選んで使いたいですよね。そのため、今回は口にしそうになったらグッと飲み込んで欲しい、人間関係を悪化させてしまうネガティブなワードを紹介します。


「どうせ私なんて…」という言葉の連発は、人間関係を悪化させます

「どうせ私なんて…」という言葉の連発は、人間関係を悪化させます

失敗してしまった時、自信をなくしてしまった時につい口にしてしまう言葉ってありますよね。例えば、「どうせ私なんて…」というような自分を卑下してしまう言葉もその1つです。もちろん誰でも失敗した時には、つい自分の欠点ばかりに目が向いてしまいます。ただ、普段からこのような発言を繰り返してしまうと、周囲にも暗い気持ちが伝染してしまいます。結果的に聞かされた方も疲れてしまい、もう会いたくないとも思われてしまうかもしれません。


説得力のある人とない人の違いを知って説明上手になろう!

説得力のある人とない人の違いを知って説明上手になろう!

説得力がある人は社会や人間関係で得をすることがあります。あの人の意見は妙に受け入れられやすいのに、自分の意見は中々聞いてもらえない。そう感じたことはありませんか。説得力が身に付けば、さらに可能性が広がりそうですよね。 そこでここでは、説得力がある人の特徴と説明上手になる方法をまとめました!


いじられるのは人気者の証拠!?いじられる人はどう思われている?

いじられるのは人気者の証拠!?いじられる人はどう思われている?

職場や学校に1人はいるいじられキャラ。自分がまさにいじられる、という人もいるでしょう。「いじられる」ってバカにされてる?と感じる人も多いかと思いますが、周りからいじられる人って実は結構一目置かれる存在で、グループのなかでも話題の中心になっています。では、いじられる人は周りからどう思われているのでしょうか。


人見知りの人は、量よりも質を重視した人間関係に向いている

人見知りの人は、量よりも質を重視した人間関係に向いている

人見知りの人は決してコミュニケーション能力が低いわけではなく、外向的な人とそのスタイルが違うだけです。少数の人と心地いい関係性を構築していくのを得意としており、量よりも質を重視しているとも言えます。会社で求められるような広く浅い人間関係作りは向いていない反面、人見知りの人は少数でも信頼できる友人を作ることができるのです。