人間関係に関する記事


仕事で人生が埋め尽くされる、ワーカホリックの人の特徴とは?

仕事で人生が埋め尽くされる、ワーカホリックの人の特徴とは?

仕事中毒とも訳されるワーカホリック。仕事に打ち込むあまり度を超えて、普段の生活まで仕事一色で埋め尽くされるような人を指す言葉です。一見仕事熱心な人にも見えますが、ワーカホリックの人は仕事に没頭するあまり健康や人間関係を後回しにしてしまい、生活に様々な支障を起こしていることも少なくないのです。では、ワーカホリックの人は具体的にどのような人のことを指すのでしょうか。


やり過ぎは逆効果。気の遣いすぎは人間関係を悪化させます。

やり過ぎは逆効果。気の遣いすぎは人間関係を悪化させます。

一般的に相手への気遣いができる人というのは好かれやすく、良好な人間関係を築くことができるプラスの性質です。ただ、何事も程々が一番なように、気遣いも行き過ぎてしまうと人間関係に大きな悪影響を与えてしまうこともあるのです。自己中な人はもちろん問題ですが、気を遣い過ぎる人も同じくらい厄介な人と認識されてしまう危険性があります。


”怒れない”は社会で不利?他人に怒れない人の特徴

”怒れない”は社会で不利?他人に怒れない人の特徴

怒ることに抵抗を感じて怒りをため込んでしまうと、物事がうまく進まなかったりストレスを感じたりしてしまいます。うまく怒れない人は、然るべき場面でしっかりと怒れる人が羨ましく感じることもあるかと思います。ここでは、他人に怒れない人の心理から怒れるようになるための改善方法をご紹介いたします。


会話に詰まる人の特徴と改善の仕方

会話に詰まる人の特徴と改善の仕方

初対面の人や上司と会話をする時、言葉に詰まって会話が途切れてしまう事ありませんか?そのまま無言の時間が続くと気まずくなり、余計に言葉が出てこなくなりますよね。ここでは、会話に詰まる人の特徴や改善方法をご紹介致します。


男性のことが苦手な女性の特徴と原因

男性のことが苦手な女性の特徴と原因

男性と関わるのが苦手…恋愛もできない。このような女性は沢山います。男性はそんな女性と接する時、何もしていないのに嫌われていると思うことがあるかもしれません。 男性のことが苦手な理由には過去の恋愛やこれまでの経験が関係しているのかも!そこで今回は、そんな女性の特徴や原因をご紹介します。


【書評】人間関係を円滑にする術を体得する『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

【書評】人間関係を円滑にする術を体得する『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

「あの人が理解できない」「自分のことをわかってもらない」職場の人間関係で、悩みが尽きることはありません。近年では「心理学」によって、人間関係が良好になると言われますが、なぜか自分に当てはまらない人がいます。そこで今回は、一味違った観点から人間関係を紐解いた本をご紹介します。


他人に興味が無い人の特徴とピッタリの仕事は?

他人に興味が無い人の特徴とピッタリの仕事は?

「人に興味ない?」と言われること、もしくは他人に興味無いのかな?と感じる人が周りにいませんか? 他人に興味が無いということは、人と関わりたくないのでしょうか。今回は、他人に興味が無い人の特徴や心理や、ピッタリの仕事をご紹介していきます。また、他人に興味が無い人との関り方を探してみましょう。


ありのままでいたい…人目が気になる人の特徴と改善の仕方

ありのままでいたい…人目が気になる人の特徴と改善の仕方

他の人に自分がどう思われているのか気になって、思い通りに行動が出来なかったり、人と会話ができなかったり…。そんな人は、ムリして偽っている生活にストレスを感じて人間関係に不満を感じることがあるかと思います。では、人目を気にする人はなぜ人目が気になるのか、その特徴を知って改善方法を見つけていきましょう!


苦手な人との接し方を変えてストレスを減らそう

苦手な人との接し方を変えてストレスを減らそう

誰でも一人は職場などの身近な場所に苦手な人がいるものです。極力関わりたくないけど、どうしても接する機会が多い時、あからさまに嫌な態度を取る訳にはいきませんよね。 しかし、苦手な人と関わることは、かなりのストレスにもなります。 ここでは、ストレスを溜めないために苦手な人とどう接すればいいのかをご紹介していきます。


グッと飲み込みましょう。人間関係を悪化させるネガティブワードとは

グッと飲み込みましょう。人間関係を悪化させるネガティブワードとは

職場を見渡すと、いつも明るい話題を話している人の周りには人が集まっている一方で、暗い話題ばかり話している人は周囲から避けられているのではないでしょうか。良くも悪くも言葉として吐き出された感情は周囲に伝染するので、どんな言葉を使うかによって周りの人間関係も変わってくるのです。どうせなら自分も周囲も幸せにするような言葉を選んで使いたいですよね。そのため、今回は口にしそうになったらグッと飲み込んで欲しい、人間関係を悪化させてしまうネガティブなワードを紹介します。


「どうせ私なんて…」という言葉の連発は、人間関係を悪化させます

「どうせ私なんて…」という言葉の連発は、人間関係を悪化させます

失敗してしまった時、自信をなくしてしまった時につい口にしてしまう言葉ってありますよね。例えば、「どうせ私なんて…」というような自分を卑下してしまう言葉もその1つです。もちろん誰でも失敗した時には、つい自分の欠点ばかりに目が向いてしまいます。ただ、普段からこのような発言を繰り返してしまうと、周囲にも暗い気持ちが伝染してしまいます。結果的に聞かされた方も疲れてしまい、もう会いたくないとも思われてしまうかもしれません。


説得力のある人とない人の違いを知って説明上手になろう!

説得力のある人とない人の違いを知って説明上手になろう!

説得力がある人は社会や人間関係で得をすることがあります。あの人の意見は妙に受け入れられやすいのに、自分の意見は中々聞いてもらえない。そう感じたことはありませんか。説得力が身に付けば、さらに可能性が広がりそうですよね。 そこでここでは、説得力がある人の特徴と説明上手になる方法をまとめました!


いじられるのは人気者の証拠!?いじられる人はどう思われている?

いじられるのは人気者の証拠!?いじられる人はどう思われている?

職場や学校に1人はいるいじられキャラ。自分がまさにいじられる、という人もいるでしょう。「いじられる」ってバカにされてる?と感じる人も多いかと思いますが、周りからいじられる人って実は結構一目置かれる存在で、グループのなかでも話題の中心になっています。では、いじられる人は周りからどう思われているのでしょうか。


人見知りの人は、量よりも質を重視した人間関係に向いている

人見知りの人は、量よりも質を重視した人間関係に向いている

人見知りの人は決してコミュニケーション能力が低いわけではなく、外向的な人とそのスタイルが違うだけです。少数の人と心地いい関係性を構築していくのを得意としており、量よりも質を重視しているとも言えます。会社で求められるような広く浅い人間関係作りは向いていない反面、人見知りの人は少数でも信頼できる友人を作ることができるのです。


話下手な人が劣等感を感じてしまう、職場での人間関係

話下手な人が劣等感を感じてしまう、職場での人間関係

人とすぐに打ち解けることができる人もいれば、自分のペースで少しずつ距離感を図っていく人など、コミュニケーションのタイプは人それぞれです。両者は違いこそあれど、優劣は本来ありません。ただ、今の職場ではどうしても前者のような、初対面の人とでもすぐに仲良くなれる外向性の人のみが評価されてしまいます。そのため、人見知りの性格の人は他者とのコミュニケーションに劣等感を感じてしまいやすい状況になっているようなのです。


質の高い人間関係を築くこともできる、人見知りの性格が持つメリット

質の高い人間関係を築くこともできる、人見知りの性格が持つメリット

初対面の人と話す際は誰でも緊張すると思いますが、しばらくすると打ち解けることができます。ただ、人見知りの性格の人は仲良くなるのにもう少し時間がかかってしまうのではないでしょうか。上手く話せないことにコンプレックスを抱えている人も少なくありませんが、人見知りは必ずしも悪いことばかりではありません。相手への警戒心が強いからこそ人の良し悪しを見抜くことができ、その関係も深くなるのです。


包容力があるなと思われるために必要な「余裕」

包容力があるなと思われるために必要な「余裕」

一緒にいて不思議と安心感を感じられる人、いわゆる包容力がある人は同性異性限らず周囲から好感を持たれます。包容力というのは内側から滲み出る雰囲気のようなもので、すぐにはそのような人物になることは難しいかもしれません。いつか包容力ある人になれるよう、今日から少しずつ振る舞いを変えていきましょう。


良かれと思っても…実は嫌がられている行動4つ

良かれと思っても…実は嫌がられている行動4つ

良かれと思ってしている行動が、実は人を嫌な気持ちにさせていることはよくあります。悪意が無いだけに素直にやめて欲しいと言えないので、悪意がある行動よりも厄介かもしれません。 そこで、ここでは意外と人に嫌がられている行動を4つご紹介します。自分の行動に当てはまるかどうか確認してみましょう!


癖・ニオイ...自分では気づかないことを見返して改善しよう!

癖・ニオイ...自分では気づかないことを見返して改善しよう!

自分のことなのに、他人に指摘されないと気付かないようなことって沢山ありますよね。時に、他人に対して指摘したくなるようなことがあっても、なかなか言い出せなかったり…。自分で気づかないがゆえに、周りを不快にさせていることがあるかもしれません。そうならないためにも、自ら見返して自覚しておくと人づきあいが良くなるかもしれません。


コミュ力は二の次で大丈夫。会社ではあくまで仕事を目的としましょう

コミュ力は二の次で大丈夫。会社ではあくまで仕事を目的としましょう

職場で仲がいい人がいない、嫌いな人とも付き合わないといけないのが苦痛など、会社で働く上で切っても切り離せないのが人間関係です。人間関係のトラブルはうつ病を発症してしまったり、転職を考えなければいけないほど深刻なケースとなってしまうこともあります。ただ、仕事のために会社に来ているのに、必要以上にコミュニケーション能力の有無が重要視され過ぎているのではないでしょうか。