苦手意識に関する記事


苦手意識を持つ心理になる時の心の状態

苦手意識を持つ心理になる時の心の状態

苦手意識を持つ心理になる時には、心の状態が関係している場合があります。このため苦手だと感じた時には、自分の心の状態を知るよいきっかけになるケースも。どのような状態の時に、苦手意識を持つ心理が働くのでしょうか。今回は5つのものについてお伝えしていきましょう。


苦手な上司とうまく付き合っていくには

苦手な上司とうまく付き合っていくには

上司の事が苦手…。どうやって付き合っていけばいいか分からない。このような職場の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、苦手な上司と上手く付き合うためのコツを4つご紹介します。


無意識に表情や態度に出てしまう、相手への苦手意識。

無意識に表情や態度に出てしまう、相手への苦手意識。

人は十人十色であり好感を持てる人もいれば、当然苦手意識を抱いてしまう人もいるでしょう。それ自体は誰もが経験することであり、大切なのはどう付き合っていくかです。問題なのが職場といった閉鎖的な空間での付き合い方で、仕方なく表面上の関係を作っている人も多いはず。しかし、なぜか相手に苦手意識が伝わってしまっていることも多いのではないでしょうか。本音を隠しているにも関わらず相手にバレてしまうのは、嫌いという感情が、無意識に表情や行動に滲み出ているからかもしれません。


会話を展開するために、日頃から会話のネタのストックを。

会話を展開するために、日頃から会話のネタのストックを。

会話に苦手意識を持っている人は、会話の最中の話題が尽きてしまい、沈黙の時間が訪れてしまうのを恐れている人が多いのではないでしょうか。沈黙の時間は会話の一呼吸の場のようなもので、極端に恐れる必要はありません。それでも話題が途切れないか心配に思う人は、日頃から会話のネタをストックしておく習慣をつけてみてはいかがでしょうか。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!


C&K