第三者割当増資に関する記事


線虫がん検査のHIROTSUバイオサイエンス、第三者割当増資により14億円を調達

線虫がん検査のHIROTSUバイオサイエンス、第三者割当増資により14億円を調達

高感度でがんの早期発見が期待できる線虫がん検査『N-NOSE』を研究開発する株式会社HIROTSUバイオサイエンスは、第三者割当増資により14億円を調達したことを発表した。


Finatext、KDDIなどから総額60億円の第三者割当増資を実施

Finatext、KDDIなどから総額60億円の第三者割当増資を実施

「金融をサービスとして再発明する」をミッションとする株式会社Finatextは30日、KDDI株式会社、株式会社ジャフコ、未来創生ファンドなどに対して総額60億円の第三者割当増資を実施したこと、およびKDDI株式会社との業務提携を締結したことを発表した。


趣味なび、3社を引受先とする第三者割当増資を実施

趣味なび、3社を引受先とする第三者割当増資を実施

株式会社趣味なびは、株式会社エボラブルアジア、株式会社VOYAGE VENTURES、株式会社富士山マガジンサービス、それぞれを引受先とする第三者割当増資を行ったことを発表した。


ロボット開発ベンチャーSEQSENSE、約10億円の第三者割当増資を発表

ロボット開発ベンチャーSEQSENSE、約10億円の第三者割当増資を発表

SEQSENSE株式会社は、シリーズAファイナンスとして総額約10億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。


AI技術に強いシナモン、第三者割当増資および融資により約9億円を調達

AI技術に強いシナモン、第三者割当増資および融資により約9億円を調達

国内有数のAI(人工知能)技術を持つシナモンは、SBIインベストメント株式会社の運用するファンド、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社など数社を引受先とする第三者割当増資と、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行からの融資により、総額約9億円の資金調達をしたと発表した。


UNDEFINED、匿名チャットアプリ「NYAGO(ニャゴ)」をリリース

UNDEFINED、匿名チャットアプリ「NYAGO(ニャゴ)」をリリース

株式会社UNDEFINED(アンディファインド)は、メッセージを送る側だけ“とくめい”の新たなチャットアプリ「NYAGO(ニャゴ)」を正式リリースしたと発表した。


荷物預かりサービスのecbo、JR東日本、メルカリなどから資金調達

荷物預かりサービスのecbo、JR東日本、メルカリなどから資金調達

荷物預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営するecbo株式会社は、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社JR西日本イノベーションズ、株式会社メルカリおよび複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。


ZEALS、ジャフコとフリークアウトから4.2億調達

ZEALS、ジャフコとフリークアウトから4.2億調達

会話広告「fanp」を展開する株式会社ZEALSは、ジャフコなどを引受元とする総額約4.2 億円の第三者割当増資を実施。今回の増資による累計調達額は、約5億円となることを発表した。


ヘッドウォータース、総額約2億円の第三者割当増資を実施

ヘッドウォータース、総額約2億円の第三者割当増資を実施

国内でも有数のロボット×AIアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータースは、計3社を引受先として第三者割当増資を実施。総額約2億円の資金調達を行ったことを発表した。


RoboMarketer、無料で使える AI マーケティングアシスタントをリリース

RoboMarketer、無料で使える AI マーケティングアシスタントをリリース

RoboMarketer 株式会社は、広告効果を最大化するためのマーケティング・アシスタントサービス「Roboma(ロボマ)」のβ版をリリースした。また同時に、エウレカ創業者の赤坂優氏などの個人投資家を引受先とする総額約4,000 万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。


東芝、6000億円増資。上場維持のための債務超過回避へ。

東芝、6000億円増資。上場維持のための債務超過回避へ。

東芝は、約6000億円の第三者割当増資を実施することを発表した。新株を1株262円80銭で発行。これに海外の十数のファンドなどが応じる予定。東芝は増資することで資本増強を図り、上場廃止の基準となる2期連続の債務超過を回避する。