IT業界・エンジニアの転職エージェント|ワークポートIT業界・エンジニアの転職エージェント|ワークポート

注目企業紹介

IT業界・エンジニアの転職相談サービス

IT業界・エンジニア

「常時1万件以上の求人!IT業界への転職事例多数」
IT専門の転職エージェントとして培った実績と豊富な求人案件で、IT業界への転職を徹底サポート!

IT業界・エンジニア

「IT業界出身者だから実現できる、専門性の高いサポート」
元エンジニアや元プログラマーなど、IT業界出身の転職コンシェルジュも多数在籍!

公開求人を探す

公開求人は全ての求人の30%です。

職種で探す

業種で探す

キーワードで探す

勤務地で探す

検索

求人情報を検索する

サービス紹介

ワークポートの転職相談サービスはきめ細やかな対応で実績25万人

業界レポート

転職コンシェルジュから、業界の最新情報をお届けします。

採用状況・転職活動のポイント

  • エンジニアは売り手市場。多くの会社に応募して自分自身に合った会社を探してみましょう。
  • 実務経験のないエンジニア志望者でも応募できる求人あり!この好機に積極的に挑戦すべし。
  • 採用市場の流れは早め。大切なのは自分にマッチする企業を素早く見極める力も必要。

IT業界の求人数は下半期も豊富な状態が続く見込みです。その中でもエンジニアの求人数は非常に多くなると思われます。2017年以降はオリンピック需要が続きますので、SIer(システム構築会社)はもちろん、IT業界全体で人材不足の問題は長期化する可能性があります。そんな中、この業界には大きなパラダイムシフトが巻き起こっていきます。近年注目を集め急激に浸透した、ビッグデータ・アナリティクス技術は日々進化を遂げていますし、スマートフォン・ウェアラブル端末などの普及、プライベートクラウド・パブリッククラウドの拡大も著しいものがあります。また、IoT(モノのインターネット)やM2M(Machine to Machine)、FinTech(金融×IT)やIndustrie 4.0(モノづくりのデジタル化)の進化、更には、人工知能・ロボットなどの新技術が、次々となだれ込んで来ています。
実際に、IT専門調査会社である IDC Japanが発表している、2014年~2019年の国内製品別IT市場予測をみても、2016年の国内IT市場規模は、14兆7,653億円、前年比成長率は1.4%と見込んでいます。(IDC Japan HPより)
FintechやIOT、AIなどの技術革新によって、注目の新サービスが次々誕生しており、今後もエンジニア需要は高い状態が続くと予想されます
どんな企業もIT・Webを強化せずには生き残れないのが現状。ITエンジニアは超・売り手市場と言っても過言ではないでしょう。

採用状況・転職活動のポイント

  • 新技術に携りたいなら、自己PR欄に「クラウド技術」「Fintech」「機械学習」を自己学習している旨を記載すると採用担当者の目に留まりやすい!
  • スキルをソースコードや自作アプリで作成することは効果的。成長意欲の高いエンジニアのニーズは高い。
  • スキルはさることながら、コミュニケーション能力は必須!面接対策は入念に。

昨年度の同時期に比べ、企業の採用担当からは、「クラウド技術」「Fintech」「機械学習」といった新技術に関する事業の立ち上げを活発におこなっているという声が聞かれます。新技術を活かして研究開発ではなく収益化できる事業として見込みが経ったことが要因として考えられます。「Fintech」の分野では、今まで金融業を行っていた企業がインターネット上で金融サービスを始めるというよりも、金融業界以外のベンチャー企業や大手企業などからの参入が相次いでいます。そのため、弊社で取り扱う求人案件の変動を見ても、「Fintech」や「機会学習」に関する求人は今年の7月ごろから急増している状況です。
10月からは、下期に入り採用予算の策定、新事業部の立ち上げなど新たな採用ニーズが生まれるタイミングです。そのため新規求人は急募のニーズが高い傾向にあります。

採用状況・転職活動のポイント

  • ベンチャー企業の採用活発化。新サービスを提供しているこれからの会社は要チェック!まずは応募して直接話を聞いてみるのも◎
  • 自分にあった就業環境を見極めることが大切!類似サービスが続々生まれている現在、企業の差別化を行うのは就業環境面かも!?
  • 猛烈な速度で技術は刷新されている!情報をキャッチアップする力を鍛えるべし。

Webメディア・SNS・ECサイトと、引き続き市場は拡大しております。最近では画像加工アプリやメッセンジャーアプリ、無料コミックアプリなど、ユーザーの人気や関心が高いアプリが続々と生まれるなど、類似サービスの展開が目立つ傾向にあります。こういった状況においてエンジニアのニーズは高く、積極的に採用を行う企業が多く見受けられます。続いて、デザイナーやマーケティング・企画職などについても、需要は高い傾向にあります。
また、近年時短勤務やWワーク・フリーランスを推奨したり、在宅勤務(リモートワーク)の環境を整備したりなど、多種多様な働き方を推奨している会社も増えつつあります。これらの背景には優秀なエンジニアを採用するために、企業ごとに就業環境面でも工夫を凝らして、他社との区別化を図るというねらいが隠されているようです。
まだまだインターネット業界の伸び代は大きく、同時に人材不足の状態が続くことが予測されます。企業にとっては人材確保・採用への取り組みや施策が試される時代で葉あるものの、求職者にとっては非常に望ましい状態が続いております。この機会に思い切って動き出してみてもよいのではないでしょうか。

転職に関する情報

ワークポートの転職相談サービスからお役立ち情報をお届けします

関連サービス

未経験の転職サービス、キャリアに関する無料講座、ハイクラスの転職情報はこちらから

ワークポート IT業界・エンジニアの転職相談サービスについて

ワークポートはIT業界・エンジニアの転職スペシャリストです。

IT業界・エンジニアの転職相談サービスでは、ITエンジニア(システム開発、インフラ、サーバー)、プログラマーなどの職種を専門にご紹介させていただきます。ワークポートの転職コンシェルジュはただ単に転職先をご紹介差し上げるだけではありません。IT、インターネット、ゲーム業界出身のコンシェルジュが業界の特性・傾向などをお伝えし、貴方の転職が成功するためのサポートをいたします。