採用担当者のホンネ調査 ~採用の常識・非常識~

企業人事のホンネ。
求める人物像や面接のポイントを聞きました。

2014年06月05日

選考において、在職中の場合と離職中の場合、どちらが有利?

今回の質問は“選考において、在職中の場合と離職中の場合、どちらが有利?”です。
転職理由やスキル重視のため「関係ない」と答えた人が70%と大多数を占めました。離職中であれば入社までのスピード感があるため、急募案件の場合有利になることもあるようです。しかし、離職期間が長いとスキルの劣化が気になる場合もあり、現職中はその逆のメリット・デメリットがあるからこそ、どちらともいい難いということも理由のひとつのようです。

“在職中の方が有利”と答えた人の意見

・離職期間が長いほど(6ヶ月以上)、不安度が高まる

・活躍している方は、退職前に次の仕事が決定しているケースが多いため

・直近で同業界での経験が無いと、若干選考時に不利になります。1年以上離れていると難しいです。

“離職中の方が有利”と答えた人の意見

・(入社までの)スピード感があるため

・就業開始タイミングが読みやすいため

“関係ない”と答えた人の意見

・双方にメリット、デメリットがあると考えるため。在職中の方はすぐに入社してもらえないというデメリットがあるかわりに、スキルの劣化はないメリットがある。離職の方にはその逆が言えると思うからです。

・経験やスキルを優先するから。

・知りたい事は、転職理由。離職中の場合は、その期間に何をしていたかなので、どちらかが有利になる事はないです。

その他の採用担当者の本音調査へ

転職相談サービスのお申込みはこちら
転職相談サービスのお申し込み

転職相談サービスのお申し込みはこちら

転職サービスへのお申し込みをお待ちしています。
ご相談は一切無料。お気楽にご相談ください。

転職相談サービスのお申し込み

電話をかける
0120-77-1049

専門サイトで探す

エリア専門サイトで探す

転職情報

採用リアルボイス
採用リアルボイス
成功のポイントを各企業の人事・採用担当者に伺いました。
面接対策や情報収集にお役立てください。
採用担当・転職希望者ホンネ調査
採用担当・転職希望者ホンネ調査
転職・仕事に関するみんなのホンネを大調査。採用担当者はどんな事を考え、転職希望者は何を思っているかをレポートしています。
職務経歴書・履歴書
テンプレートダウンロード
職務経歴書・履歴書 テンプレートダウンロード
転職にかかせない、履歴書・職務経歴書のテンプレートを各職種/業種用に28種類をご用意しています。

転職相談サービスについて

転職コンシェルジュ紹介
転職コンシェルジュ紹介
利用者の声
利用者の声
よくあるご質問
よくあるご質問

既にサービスをご利用中の方

eコンシェル
eコンシェル

ワークポートは様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントです。
転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービス、面接・書類作成アドバイスなどあなたの転職を成功に導くためのサービスを専任のコンシェルジュが付き、転職の成功をサポートします。費用はもちろん無料です。ワークポートは「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」ことをお約束します。転職活動では様々な不安がつきまといます。その不安を専門性の高い転職コンシェルジュが一つひとつ払拭していきます。あなたの大切な「転職」を私達ワークポートにお任せください。

関連サービス

未経験の転職サービス、キャリアに関する無料講座、ハイクラスの転職情報はこちらから