採用担当者のホンネ調査 ~採用の常識・非常識~

企業人事のホンネ。
求める人物像や面接のポイントを聞きました。

2015年08月12日

内定者と企業による“内定後の面談”は必要だと思いますか?

内定後、企業によっては面談の機会を設けることがあります。
実際にどのくらいの採用担当者が内定後の面談を必要だと思っているのかを調査してみました。

「内定者と企業による“内定後の面談”は必要だと思いますか?」との問いに62%もの採用担当者が「必要だと思う」と回答しました。
また、「どちらとも言えない」(11%)と回答した採用担当者の大半が「内定者が面談を必要とすれば行う」と答えています。

「必要だと思う」理由を伺うと
・より入社意思を強く持ってもらうため。
・内定者に配属先や担当業務などの詳細を伝えたいため。
・内定承諾に繋がると思うため。
・入社辞退を防ぐため。
・入社前までに信頼関係を構築するため。
・複数社から内定をもらっている場合、より多くの情報や会社の雰囲気を内定者に伝えた方が有利になると思う。
・内定者の不安を解消するため。
・選考時には聞きにくいことも内定後であれば聞きやすくなると思うのでより相互の理解を深められると思う。
などの意見が挙がりました。

最近は内定辞退率が年々増えているというニュースをよく耳にします。
時間をかけて選考した人を獲得できないとなると、再び採用の労力を費やさなければなりません。採用数が少ない中小企業などにとってはひとりの重みが大きくなるため、受けるダメージも相当なものです。

内定後の面談で「内定者の不安を取り除きたい」、「関係性を深めたい」などの声も挙がっていますが、やはり本音は「入社意志を固めさせて、確実に入社してもらいたい!」・・・なのではないでしょうか。

【調査概要】
 調査内容:採用担当者の意識調査
 調査対象:ワークポート取引企業の採用担当者 [55社]
 調査期間:2015年6月29日(月)~2015年8月7日(金)

その他の採用担当者の本音調査へ

転職相談サービスのお申込みはこちら
転職相談サービスのお申し込み

転職相談サービスのお申し込みはこちら

転職サービスへのお申し込みをお待ちしています。
ご相談は一切無料。お気楽にご相談ください。

転職相談サービスのお申し込み

電話をかける
0120-77-1049

専門サイトで探す

エリア専門サイトで探す

転職情報

採用リアルボイス
採用リアルボイス
成功のポイントを各企業の人事・採用担当者に伺いました。
面接対策や情報収集にお役立てください。
採用担当・転職希望者ホンネ調査
採用担当・転職希望者ホンネ調査
転職・仕事に関するみんなのホンネを大調査。採用担当者はどんな事を考え、転職希望者は何を思っているかをレポートしています。
職務経歴書・履歴書
テンプレートダウンロード
職務経歴書・履歴書 テンプレートダウンロード
転職にかかせない、履歴書・職務経歴書のテンプレートを各職種/業種用に28種類をご用意しています。

転職相談サービスについて

転職コンシェルジュ紹介
転職コンシェルジュ紹介
利用者の声
利用者の声
よくあるご質問
よくあるご質問

既にサービスをご利用中の方

eコンシェル
eコンシェル

ワークポートは様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントです。
転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービス、面接・書類作成アドバイスなどあなたの転職を成功に導くためのサービスを専任の転職コンシェルジュが付き、転職の成功をサポートします。費用はもちろん無料です。ワークポートは「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」ことをお約束します。転職活動では様々な不安がつきまといます。その不安を専門性の高い転職コンシェルジュが一つひとつ払拭していきます。あなたの大切な「転職」を私達ワークポートにお任せください。

関連サービス

未経験の転職サービス、キャリアに関する無料講座、ハイクラスの転職情報はこちらから