転職希望者のホンネ調査

転職希望者の
ホンネを集めました。

2016年09月16日

ご自身専用のパソコンはお持ちですか?

Q.転職活動で情報収集や応募などをする際、パソコンとスマートフォンどちらの活用頻度が高いですか?

スマートフォンの普及が進み、いまや大体のことは手のひらの中で調べられる時代。
そんななか、若者のパソコン離れが進んでいるといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

まず、「そもそもパソコンを持っている人自体が少なくなってきているかもしれない」という疑問から、自分専用のパソコンの所持率について調査してみました。
ワークポートを利用している20代~40代の求職者にアンケートを取った結果、「持っている」と答えた人が86%と、意外と多いことがわかりました。
ちなみに20代~40代の年代別でパソコンの非保持率を調べたところ、20代では約17%、30代は10%、40代では約7%と、年齢が低いほど自分専用のパソコンを持っている割合が低いようです。

では、転職活動においてはパソコンとスマートフォン、どちらの活用頻度が高いのでしょうか。
アンケートの結果、「スマートフォン」だと答えた人が56%で、「パソコン」だと答えた人を若干上回りました。年代別にみると、年齢が高くなるにつれてスマートフォンを活用している人の割合が低くなっていく傾向があり、20代は約60%、30代は54%、40代は約40%でした。

スマートフォンが普及しているとはいえ、パソコンの所持率が下がっているわけではないようです。しかしながら、情報収集のために活用しているのはパソコンよりスマートフォンだという人が多く、若い世代に関してはその傾向が顕著に現れています。やはり若者のパソコン離れは進んでいくのでしょうか。

【調査概要】
 調査内容:転職希望者の意識調査
 調査対象:ワークポートにご来社いただいた20~40代の男女 [658名]
 調査期間:2016年8月9日(火)~2016年9月7日(水)

その他の転職希望者の本音調査へ

転職相談サービスのお申込みはこちら
転職相談サービスのお申し込み

転職相談サービスのお申し込みはこちら

転職サービスへのお申し込みをお待ちしています。
ご相談は一切無料。お気楽にご相談ください。

転職相談サービスのお申し込み

ご質問はお電話でも受け付けております
0120-77-1049

専門サイトで探す

エリア専門サイトで探す

転職情報

採用リアルボイス
採用リアルボイス
成功のポイントを各企業の人事・採用担当者に伺いました。
面接対策や情報収集にお役立てください。
採用担当・転職希望者ホンネ調査
採用担当・転職希望者ホンネ調査
転職・仕事に関するみんなのホンネを大調査。採用担当者はどんな事を考え、転職希望者は何を思っているかをレポートしています。
職務経歴書・履歴書
テンプレートダウンロード
職務経歴書・履歴書 テンプレートダウンロード
転職にかかせない、履歴書・職務経歴書のテンプレートを各職種/業種用に28種類をご用意しています。

転職相談サービスについて

転職コンシェルジュ紹介
転職コンシェルジュ紹介
利用者の声
利用者の声
よくあるご質問
よくあるご質問

既にサービスをご利用中の方

eコンシェル
eコンシェル

ワークポートは様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントです。
転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービス、面接・書類作成アドバイスなどあなたの転職を成功に導くためのサービスを専任の転職コンシェルジュが付き、転職の成功をサポートします。費用はもちろん無料です。ワークポートは「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」ことをお約束します。転職活動では様々な不安がつきまといます。その不安を専門性の高い転職コンシェルジュが一つひとつ払拭していきます。あなたの大切な「転職」を私達ワークポートにお任せください。

関連サービス

未経験の転職サービス、キャリアに関する無料講座、ハイクラスの転職情報はこちらから