転職希望者のホンネ調査

転職希望者のホンネを集めました。

普段から使用しているメッセンジャーアプリは何ですか?【複数回答可】

  アプリ名 票数
第1位 LINE 394
第2位 Facebook メッセンジャー 152
第3位 Twitter 151
第4位 Skype 87
第5位 カカオトーク 26
第6位 Viber 10
第7位 WhatApp 8
第8位 カップルズ 7
第9位 Skyphone 5
第10位 スナップチャット 4
第11位 Between 3
第12位 その他 5

国内外で日々さまざまなメッセンジャーアプリがリリースされ、スマートフォンユーザーの中には「もうキャリアメールやSMS、通話機能はほとんど使わなくなった」 という方も多いのではないでしょうか。
皆さんのスマートフォンにはどんなメッセンジャーアプリが入っていますか?
ワークポートをご利用中の転職希望者443名にアンケート調査を行なった結果、TOP3は以下の通りでした。(※複数回答あり)

●1位 LINE(394票)
LINEの発表によると、LINEのユーザー数は5800万人以上(2015年6月時点)。これは実に日本の人口の45.7%にあたるとのことです。
LINEの登場により、日常会話の中の「メールするね」という言葉が「LINEするね」という言葉に変換されてきています。

●2位 Facebook メッセンジャー(152票)
若者のFacebook離れの話題をよく耳にしますが、Facebookメッセンジャーの人気は高いようで、いまや8億人の月間アクティブユーザーがいるようです。

●3位 Twitter(151票)
Facebook メッセンジャーと1票差で、Twitterが3位にランクインしました。自らがツイートするという利用方法よりも、最近では連絡手段としてや、情報検索手段として利用する人が多いようです。

上位にランクインしているアプリを見ると、どれもチャット感覚でリアルな会話を楽しめるほか無料通話などの機能もついており、気軽に連絡を取り合うためのツールとして優れているという共通点があります。中でも、LINEが大差をつけて上位にランクインしているのは、グループチャット機能や豊富なスタンプ機能、気軽に連絡先を交換できる機能などがなどが他のアプリよりも充実しているからではないでしょうか。

4位以降にはSkype(87票)、カカオトーク(26票)、Viber(10票)などが続く結果となりました。

【調査概要】
 調査内容:転職希望者の意識調査
 調査対象:ワークポートにご来社いただいた20~40代の男女 [443名]
 調査期間:2016年4月25日(月)~2016年5月14日(土)

その他の転職希望者の本音調査へ

  • 応援メッセージを送ってサイン色紙を当てよう!応援メッセージを送ってサイン色紙を当てよう!
  • 祝・WBSS 準決勝進出!- 次戦2019年春 - WBA世界バンタム級チャンピオン 井上尚弥選手 転職決定人数No.1 転職コンシェルジュのワークポート祝・WBSS 準決勝進出!- 次戦2019年春 - WBA世界バンタム級チャンピオン 井上尚弥選手 転職決定人数No.1 転職コンシェルジュのワークポート

転職相談サービス

  • 転職コンシェルジュ紹介転職コンシェルジュ紹介
  • 転職相談サービスについて転職相談サービスについて
  • 採用担当者 本音調査採用担当者 本音調査
  • 採用担当 リアルボイス採用担当 リアルボイス
  • Q&AQ&A
  • 履歴書・職務経歴書のサンプル履歴書・職務経歴書のサンプル

TOPへ